1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > 2級建築士過去問題集チャレンジ7の特徴、読んでみた感想、目次
スポンサーリンク

2級建築士過去問題集チャレンジ7の特徴、読んでみた感想、目次

2級建築士過去問題集チャレンジ7は、日建学院の二級建築士用の市販問題集です。過去7年分の問題集と解答・解説が収録されています。今回は、2級建築士過去問題集チャレンジ7(以降、チャレンジ7)を読んだ感想、良い点と悪い点についてご紹介します。

2級建築士 過去問題集チャレンジ7

日建学院による過去問題集が欲しいならチャレンジ7

日建学院による過去問題集がチャレンジ7です。過去7年分の問題が掲載されています。最新年度から始まり、読み進めると7年分を遡る構成です。学科の問題は、


・学科I 建築計画

・学科II 建築法規

・学科III 建築構造

・学科IV 建築施工


の順で出題されます。実際の試験と同じですね。問題にはA~Cのランクがつけられています。A、Bは必ず正解すべき問題、Cは難問です。


チャレンジ7を購入すると、ズバリ解説というコースを利用できます。但し有料のため、日建学院でネット申し込みが必要です。

2級建築士 過去問題集チャレンジ7


下記、悪い点と良い点を述べます。

悪い点

・ズバリ解説の利用が有料(1.5万円+税)

良い点

・A4より、やや大きく開きやすい。紙質もつかみやすい。


過去問題集を掲載しているだけ、という印象は否めませんでした。とはいえ、過去7年分の問題集は、通常入手できません。ある意味貴重な本かもしれませんね。

本書の目次

本書の目次を下記に示します。


本書の特徴と活用方法

ズバリ解説のご案内

二級建築士試験日程

平成30年 学科試験

平成29年 学科試験

平成28年 学科試験

平成27年 学科試験

平成26年 学科試験

平成25年 学科試験

平成24年 学科試験

まとめ

今回は日建学院の問題集チャレンジ7について紹介しました。1番の特徴は、「ズバリ解説」だと思いますが、ネット申し込みをした上で有料なのが残念でした。ただ、7年分の問題集は通常入手できないので貴重と言えば貴重です。

2級建築士 過去問題集チャレンジ7


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

当HPの学習用テキスト

学校の授業で本当に理解できてる?

いつでも構造力学の問題が解ける!

構造力学WEB問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧
  1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > 2級建築士過去問題集チャレンジ7の特徴、読んでみた感想、目次