建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 >構造嫌いはコレを読んで!僕が「建築の構造」をおすすめする理由、良い点、悪い点

構造嫌いはコレを読んで!僕が「建築の構造」をおすすめする理由、良い点、悪い点

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


「構造力学が嫌い、苦手」という方は多いと思います。実際、僕も学生時代そうでした。そこから構造が好きになるキッカケになった本があります。それが「建築の構造」という名著です。


本書の最も素晴らしい点は、「数式を使わず構造力学を説明している」ことです。構造嫌いから、「構造が好き、面白い」と感じる1冊です。今回は、構造嫌いの方に「建築の構造」を読んだ感想と、良い点、悪い点を紹介します。

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

構造力学=数学じゃない。構造嫌いが変われる本。

「建築の構造」は、建築で扱う構造力学を、数式や数学の知識を一切使わずに説明した本です。ちなみに著者は、イタリア人のマリオ・サルバドリー氏。コロンビア大学の教授で、本書は大学の授業内容をまとめたものです。

建築の構造


構造力学ときくと、数式を思い出して拒否反応を示す方がいます。その心配が一切ありません。驚きなのが数式を一切使わずに、構造力学の本質が見事に解説されている点です。


下記に、良い点と悪い点を述べます。

良い点

・数式を使わず建築の構造力学が説明されており、初学者でも理解しやすい

・構造力学がなぜ必要か、実現象と関連付けて理解できる

・コロンビア大学の授業内容であった実績がある

悪い点

・公式や数式が一切書いていない


公式や数式がないため、構造力学の計算を勉強したい人には不向きです。その他、悪い点は無いですね。


また、本書では「なぜ構造力学を勉強する必要があるのか」という本質が学べます。公式や数式を覚えるより遥かに大事な情報が網羅されています。全ての建築学生が読んでも損は無い本です。

建築の構造

本書の目次

本書の目次を、下記に示します。


1.建築構造

2.構造物の荷重

3.構造材料

4.構造上の必要条件

5.応力の基本状態

6.引張と圧縮の構造

7.梁

8.架構とアーチ

9.構造性状のいくつかの優れた点

10.格子、板および折板

11.膜

12.薄肉シェル

13.結論


上記の目次を見てわかるように、一般的な構造力学の参考書と全く違う構成です。構造力学であまり勉強しない「荷重」「材料」という点に着目しているのも面白いですね。

まとめ

本書は、実際多くの実務者が高評価しています。また著書のマリオ・サルバドリー氏はコロンビア大学の教授で、優秀な構造設計者であり教育者です。1冊持っておいて損は無いです。構造が苦手な方でも読めるので、「自分は意匠系だから・・・」という方にもおすすめします。

建築の構造

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

プロフィール

おすすめ特集
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > 構造嫌いはコレを読んで!僕が「建築の構造」をおすすめする理由、良い点、悪い点
  2. 1級の過去問(計算)解説
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集・図解集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事