1. HOME > 構造力学の参考書 > 基礎構造嫌いのキミに伝えたい、分かる基礎構造の書籍5選
スポンサーリンク

基礎構造嫌いのキミに伝えたい、分かる基礎構造の書籍5選

基礎構造の設計法は、大学の授業でも熱心に教えてくれない科目です。社会人になってようやく基礎構造のイロハを学んだ、という方も多いでしょう。僕もそうでした。会社にある本を手あたり次第読んで勉強しましたね。今回は、そんな基礎構造嫌いの方に伝えたい、おすすめの書籍を紹介します。

実務から見た基礎構造設計 改訂版

実務経験豊富な構造設計者が著者なので、基礎構造の設計の方法、必要な規準・指針などポイントが網羅されています。ちなみに、この「実務から見たシリーズ」は大好評で、他のシリーズもあります。

メリット

・実際の基礎構造の設計に基づいて学べる。仕事にすぐに活かせる。

デメリット

・専門用語が多いので学生には難解


若手設計者向けの本です。専門用語も多いので、学生には少し難解です。将来、構造設計者になることを見越しての購入は有りです。若手構造設計者の方は買って損は無いですね。

実務から見た基礎構造設計 改訂版

建築基礎構造

基礎構造の初学者、学生向けに執筆された建築基礎構造の本です。実際の設計例を用いて、基礎構造の設計を学べます。初歩的な内容も多く、ゼロから学ぶ人には良い本です。

メリット

・基礎構造の初歩的な内容をまとめているので学生にもおすすめ

デメリット

・初歩的な内容が多い


初歩的な内容が多いので、ゼロから学ぶ人にはおすすめです。ある程度、基礎構造の設計を経験すると物足りなく感じるかも。


直接基礎の設計、杭基礎の設計、擁壁や地中壁の設計など学べるので、若手設計者にもおすすめしたい本ですね。

建築基礎構造

建築基礎構造設計指針

基礎構造の設計法の根拠になる本です。建築学会で執筆されています。基礎構造を設計するとき、分からないことがあれば、まず本書にヒントが無いか探します。構造設計者の必須本ですね。

建築基礎構造設計指針

メリット

・建築基礎構造の設計を行う上で、根拠となる重要な本

デメリット

・専門用語が多く難しい


いわゆる学会本なので、専門用語が多く読み難いのは仕方が無いです。何度も何度も読んで理解を深める必要がありますね。構造設計をする方は、この本は必須です。

建築基礎構造設計指針

小規模建築物基礎設計指針

住宅などの小規模建築物の基礎設計法が示された本。こちらも建築学会が執筆しています。具体例も多く、建築基礎構造設計指針より読みやすい印象。小規模建築物の基礎を設計するときは、コチラの本を根拠にしても良いでしょう。

小規模建築物基礎設計指針

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説

本書は、鉄筋コンクリート造の構造計算の規準書です。ただ、基礎構造の計算方法が書いてあります。基礎構造は、鉄筋コンクリートで造るからですね。

まとめ

今回は基礎構造のおすすめ書籍を5つ紹介しました。学生のとき、中々勉強しないのが基礎構造です。しかし、構造設計の実務では必ず基礎構造を設計します。僕は社会人になってから必死で勉強しましたが、学生のうちから早めに取り掛かることをおすすめします。本を選ぶ手助けになれば幸いです。

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の参考書 > 基礎構造嫌いのキミに伝えたい、分かる基礎構造の書籍5選