1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > 構造設計者あるある、構造学再入門―デザイナーも構造に強くなろう
スポンサーリンク

構造設計者あるある、構造学再入門―デザイナーも構造に強くなろう

構造設計の仕事を長年やっていると、その仕事ならではの「あるあるネタ」が蓄積されていきます。本書は、「構造学再入門」というタイトルですが、個人的には「構造設計者あるあるネタ」の読みものに感じました。


構造設計者であった著者の経験を元に、「あるある」というデザイナーとのやり取り、皮肉も効いていて面白く読める1冊です。

構造学再入門―デザイナーも構造に強くなろう

構造設計者のあるあるネタが豊富。思わずニヤリと読めて、構造が学べる良書

構造設計者であった著書の経験を元に、構造設計者の「あるあるネタ」が豊富です。皮肉も効いていて、読みながらニヤリとできます。


構造力学というより、タイトルの「構造学」という方がしっくりきます。構造設計の本質をついた話題が多くて楽しめる1冊です。構造設計者はもちろん、意匠系の方、分野に限らず学生のあなたでも読んで面白いですよ。

良い点

・構造の本だが、数式が少なく読み物として楽しめる

・構造設計の本質的な内容がわかる

悪い点

・やや雑談が多い

・実務の話が多い


個人的に、やや雑談が多いのが気になりました。もちろん、全く関係の無い話ではないのですが、少々やり過ぎ感はあります。また、実務者向けの本だと思うので、実務の話題が多いです。実務を経験していない学生の方は、「ニヤリ」とはできないと思います。


ただ、上記の点を差し引いても読み物として楽しめます。構造設計者、意匠設計者のあなた、学生の方におすすめしたい1冊です。なお、僕は書店で2400円払って買いましたが、アマゾンで買えば800円程度で売れています(但し中古、送料込)。


書店に買いに行くよりは、アマゾンで購入すると良いでしょう。

構造学再入門―デザイナーも構造に強くなろう

本書の目次

本書の目次を、下記に示します。


1 コウゾウヤ―その意見と立場(ピラミッドを作るわけじゃない―経済性くわえ煙草がお好き―工学的判断 ほか)

2 すべては約束ごと―荷重・外力(尾てい骨は骨組みか―構造骨組み連結と連続は違う―架構形式 ほか)

3 要するに断面を求めること―構造計算(公平の女神―分担率お歳暮のやりとり―固定モーメント法 ほか)

4 わかったようでわからぬもの―構造計画(宮柱太敷く建て―柱間隔因果応報―鋼材の活用 ほか)


上記を見てわかる通り、少しクセがありますよね。でも面白さは本物です。

まとめ

今回は構造設計者あるあるが楽しめる1冊を紹介しました。構造設計者、意匠設計者のあなたにおすすめです。特に意匠設計者の方に読んで頂けると、もっと構造屋さんの気持ちがわかるのかな、と思います。

構造学再入門―デザイナーも構造に強くなろう


ちなみに著者は、構造力学の本をいくつも執筆されていて、下記の書籍もおすすめですよ。

構造学再入門 (2) とにかく計算に強くなろう


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

当HPの学習用テキスト

学校の授業で本当に理解できてる?

いつでも構造力学の問題が解ける!

構造力学WEB問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧
  1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > 構造設計者あるある、構造学再入門―デザイナーも構造に強くなろう