1. HOME > 構造力学の参考書 > 建築学生の必読書?研究や学生生活を充実させる、マナベの標語100
スポンサーリンク

建築学生の必読書?研究や学生生活を充実させる、マナベの標語100

本書は、建築学生に向けた生活態度、研究や勉学への向き合い方を、「標語」でまとめたものです。全編を通して面白く読むことができました。今回は、マナベの標語100を読んだ感想をご紹介します。

マナベの「標語」100

建築学生の必読書?研究や学生生活を充実させる、マナベの標語100

本書は、建築学生に向けた生活態度、研究や勉学への向き合い方を「標語」でまとめたものです。「建築とは〜である」という本でなく、学生生活をいかに充実させるか、著者の経験に基づいて書かれています。ちなみに著者は東京理科大学の元教授の方。建築学生の必読書かも?

良い点

・建築学生の学生生活を充実させる方法が書いてある

・標語が面白く分かりやすい


全編を通して面白く読めました。自分の学生時代にも本書があれば、学生生活の向き合い方が変わったかもしれませんね。


全般的な心得だけでなく、資料の収集方法、調べ方、書類作成のルールなども丁寧に書いてあります。


読み進めていくうちに、「もしかして社会人にも参考になる?」という気もしました。大人の小言がカドの立たないように「標語」にされている点も、よく考えられている本。おすすめです。

マナベの「標語」100

本書の目次

本書の目次を、下記に示します。


第一章 全般的な心得

第二章 資料の収集と整理

第三章 会議とスケジュール管理

第四章 情報の調べ方

第五章 書類作成のルール

第六章 作業全般の心得

第七章 文章の書き方

第八章 データのまとめ方

第九章 分類の論理構造

第十章 発表の方法


上記を見てわかるように、二章〜十章までは、研究の進め方に関する項目が多いですね。一見、お堅そうな内容ですが、中には「地方の名物を食べる」という標語もあります。


笑える標語も、よく読めばきちんとした真意が書いてあります。

まとめ

今回はマナベの標語100をご紹介しました。建築に関する本は多いですが、建築学生向けに学生指導の観点で書かれた本は珍しいです。学生の方、若手の建築系社会人の必読書かもしれませんね。

マナベの「標語」100

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の参考書 > 建築学生の必読書?研究や学生生活を充実させる、マナベの標語100