1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > 構造力学の問題集はこの1冊!ステップアップで実力がつく構造力学徹底演習
スポンサーリンク

構造力学の問題集はこの1冊!ステップアップで実力がつく構造力学徹底演習

構造力学の知識や計算方法を身に付けるためには、どうしても「問題集を沢山解く」という時期が必要です。苦しい時期ですが、必ず身になります。今回は、構造力学の問題集が欲しい方におすすめの1冊を紹介し、良い点と悪い点を述べます。大学院入試や公務員試験を受ける方など必見です。なお、構造力学の勉強を始めたばかりの方は、下記の記事も参考になります。

問題集の良書が欲しいと思ったら、是非この1冊を。

問題数243問。基本から応用まで身につく問題集です。演習問題に特化しており、多くの方が高評価している書籍です。


下記、悪い点と良い点を述べます。

悪い点

・理論や用語の詳細な説明がない

・問題数が多いので、読む時間がかかる


上記のデメリットがありますが、本書はあくまで問題集です。理論や用語の詳細な説明が欲しい場合は、教科書を参考にするとよいでしょう。例えば、下記の書籍もおすすめです。

ステップアップで実力がつく 構造力学徹底演習 - 基礎から応用まで 243問・詳細解答

良い点

・問題数が多い(基本から応用まで学べる)

・解答が丁寧

・サイズが丁度よく、持ち運びやすい


本書の良い点は、問題数が多いことです。基本から応用まで幅広く学べます。この1冊を用意すれば、大学院入試や公務員試験対策はばっちりです。


また解答の説明が丁寧でした。理論や数学の知識はやや必要ですが、その都度、教科書などを参考にするとよいでしょう。


サイズ感が丁度いいです。大きくも小さくもなく、文字が見やすいです。持ち運びやすいので、鞄に入れてどんな場所でも勉強できます。

本書の目次

本書の目次を下記に示します。


第1章 構造物の安定・不安定、静定・不静定

第2章 構造物のつり合い条件による構造計算

第3章 影響線とその応用

第4章 フックの法則と断面諸量

第5章 静定構造物の変形計算

第6章 エネルギー原理とその応用

第7章 三連モーメントの定理

第8章 モーメント分配法

第9章 たわみ角法

第10章 断面の核


上記をマスターすれば、構造力学の基本と応用がおおむね理解できるでしょう。

まとめ

多くの方が高評価しています。1冊問題集を購入するなら、この本をおすすめします。ただし、理論や数式の説明は少ないです。お手持ちの教科書とセットで使うと良いですね。1冊持っておいて損はないです。

ステップアップで実力がつく 構造力学徹底演習 - 基礎から応用まで 243問・詳細解答


なお、理論を詳しく説明する本が欲しい方は、こちらの書籍もおすすめです。


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

当HPの学習用テキスト

学校の授業で本当に理解できてる?

いつでも構造力学の問題が解ける!

構造力学WEB問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧
  1. HOME > 建築のおすすめ書籍紹介 > 構造力学の問題集はこの1冊!ステップアップで実力がつく構造力学徹底演習