1. HOME > 構造力学の参考書 > 建築物の振動解析を学べる良書、最新耐震構造解析
スポンサーリンク

建築物の振動解析を学べる良書、最新耐震構造解析

最新耐震構造解析は、建築物の振動解析を学べる本です。振動解析の入門書として大好評の本です。学生の時、振動解析の教科書が「最新耐震構造解析」でした。構造が専門で無い人でも、本書を持っている人、必要になる人は多いと思います。今回は、最新耐震構造解析を読んだ感想を紹介します。

最新耐震構造解析(第3版)

建築物の振動解析を学べる良書

本書は、建築物の振動解析を学べる本です。振動解析の入門書として大好評で、大学の授業で使うこともあります。実際、僕が学生の頃、振動解析の授業では本書を使いました。振動解析の知識が一通り身につく良書です。

良い点

・振動解析の入門書として分かりやすい

悪い点

・数式を多用するので、最低限の数学の知識が必要


振動解析の入門書として分かりやすいと評判ですが、最低限の数学の知識が無いと読むのが難しいです。微分方程式の知識を身に付けるとスムーズに読めるでしょう。


とはいえ、振動解析を学ぶ上で、最低限の数学の知識は避けては通れません。他の本と比べても、振動解析の参考書として分かりやすいので、おすすめしたいですね。

最新耐震構造解析(第3版)

本書の目次

本書の目次を、下記に示します。


第1章 1自由度系の線形応答

第2章 多自由度系の線形応答

第3章 応答の数値解析

第4章 弾塑性応答

第5章 フーリエ解析*

第6章 ランダム振動*

第7章 地震動の性質

第8章 地盤の振動

第9章 建物の地震応答解析

第10章 建築物の耐震性

参考文献

索引


上記の全てが重要な章ですが、まずは1,2章を理解しましょう。7〜10章にかけては、実務と関連する話も多いので、構造設計に携わる方は興味深く読めるでしょう。

まとめ

今回は、最新耐震構造解析について紹介しました。振動解析をゼロから学ぶなら本書をおすすめします。振動解析の入門書として大好評で、大学の授業でも使います。ちなみに定価は4000円で、そこそこ高いです(もちろん、その価値はあります)。ただ、アマゾンでは中古本がかなりお安く販売されているので、アマゾンの購入が良いかもしれませんね。

最新耐震構造解析(第3版)

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の参考書 > 建築物の振動解析を学べる良書、最新耐震構造解析