1. HOME > 構造力学の参考書 > 建築家になるには?中学生からの勉強、建築家になりたい人におすすめの本
スポンサーリンク

建築家になるには?中学生からの勉強、建築家になりたい人におすすめの本

建築家になるためには、優れた建築物をデザインし続けることが必要です。学生の間から、とにかく建築物に興味を持つこと、良い建築物を沢山みましょう。今回は、建築家になる方法、中学生からの勉強、建築家になりたい人におすすめの本を紹介します。


下記の記事も参考になります。

建築学科に強い大学ランキングと就職先、良い大学の調べ方

建築家になるには?

「建築家」は職業では無いです。一級建築士の資格をとれば、「建築士」にはなれます。しかし建築家にはなれません。建築家とは、周囲から賞賛されるような建築物をつくりあげたとき、勝手にそう呼ばれます。ですから建築家になるためには、「常に優れた建築物をデザインすること」が必要です。建築家になる第一歩として、良い建築物を沢山みることが大切です。

建築家になるために中学生から行う勉強

正直言いますと、建築家になるために「中学生から行う勉強」は無いです。しいて言えば、建築家のほとんどが四年制大学の建築学科を卒業しています。最近では大学院を修了するので、6年間大学で勉強します。


中学生の頃は、基礎学力を積み上げる時期です。特別にデザインの勉強をするよりも、まずは建築学科の強い大学を目指して、高校受験、大学受験に勝つことです。


日本には多くの大学と建築学科があります。高校に入学した段階で、目標とする大学の建築学科をよく調べると良いでしょう。下記も参考にしてください。

建築学科に強い大学ランキングと就職先、良い大学の調べ方


また、優れた建築家の多くは、「優れた建築物を観察」しています。勉強では無いのですが、良い建築物を沢山見ることが重要です。これは中学生からできますね。


ただ中学生の頃は、「どんな建築物が優れているのか」わかりませんね。まずは有名建築家の設計した建築物を見学すると良いでしょう。最後におすすめの本を紹介していますが、ほとんどが建築物の事例を紹介した本です。

建築家になりたい人におすすめの本

建築家になるためには、良い建築物を沢山みることです。主に、建築物の事例を写真でみる本を紹介しました。


連戦連敗

Casa BRUTUS特別編集 安藤忠雄 ザ・ベスト

Casa BRUTUS特別編集 死ぬまでに見ておくべき100の建築 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100


それぞれ解説しますね。

連戦連敗

世界的建築家の安藤忠雄氏の本です。少し難しい内容ですが、安藤氏の建築に対する考え方がわかる貴重な本。

連戦連敗

Casa BRUTUS特別編集 安藤忠雄 ザ・ベスト

Casa BRUTUS特別編集 安藤忠雄 ザ・ベスト

建築雑誌Casa BRUTUSの特別編。安藤忠雄氏の設計した建築物が写真で紹介されています。

Casa BRUTUS特別編集 安藤忠雄 ザ・ベスト

Casa BRUTUS特別編集 死ぬまでに見ておくべき100の建築 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

こちらもCasa BRUTUSの特別編です。世界の「死ぬまでに見ておくべき建築物」が100紹介されています。写真も綺麗、必見です。

Casa BRUTUS特別編集 死ぬまでに見ておくべき100の建築 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)


実際に読んだ感想は下記をご覧ください。

死ぬまでに見ておくべき世界の建築100【読んでみた】

一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100

先ほどの本と似た趣旨ですが、こちらの方が変わった建築物を紹介しています。

一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100

まとめ

今回は建築家になる方法など説明しました。「建築家」とは少し違います。有名建築家は、常に優れた建築物をデザインし続けてきました。中学生のころは、特別な訓練は必要ないです。高校、大学へのステップを着実に積むために、基礎学力を身に付けましょう。また、建築家になりたい人おすすめの本も参考にしてくださいね。

建築学科に強い大学ランキングと就職先、良い大学の調べ方

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の参考書 > 建築家になるには?中学生からの勉強、建築家になりたい人におすすめの本