建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 数学の基礎 >最頻値とは?1分でわかる意味、求め方、年収、幅のある場合の計算

最頻値とは?1分でわかる意味、求め方、年収、幅のある場合の計算

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


最頻値(さいひんち)とは、最も出現する頻度の多い数です。代表値の1つで平均値、中央値と共に、統計資料の分析などに用いられます。例えば世代別の年収の最頻値を算出すれば、その世代で最も多くの人がもらっている年収が分かります。とはいえ最頻値だけで資料全体の傾向がわかるとは言えません。あくまでも分析の手がかりの1つです。


今回は最頻値の意味、求め方、年収、幅のある場合の計算について説明します。平均値、中央値の詳細は下記が参考になります。

中央値と平均値の関係は?1分でわかる意味、違い、年収の例、エクセルの使い方

中央値の求め方は?1分でわかる意味、エクセルでの求め方、奇数、偶数との関係

【無料自己分析】あなたの本当の強みを知りたくないですか?⇒ 就活や転職で役立つリクナビのグッドポイント診断

最頻値とは?

最頻値(さいひんち)とは、最も出現する頻度の多い数です。最頻値は代表値の1つです。例えば5人の年収が下記の値とします。


・300万円

・300万円

・350万円

・400万円

・450万円


このとき各値と出現する頻度(値の個数を度数という)は、下記の通りです。


・300万円 2(最頻値)

・350万円 1

・400万円 1

・450万円 1


よって300万円の度数が2なので最頻値は「300万円」です。ちなみに上記の平均値を計算すると360万円です。最頻値と平均値では年収に大きな開きがありますね。


平均値は一般的によく知られた代表値の1つですが、他の値に影響を受けやすいので扱いに注意が必要です。もちろん、最頻値だけでデータの傾向が読み取れるとは限りません。


代表値の種類には、平均値や中央値があります。下記が参考になります。

中央値と平均値の関係は?1分でわかる意味、違い、年収の例、エクセルの使い方

中央値の求め方は?1分でわかる意味、エクセルでの求め方、奇数、偶数との関係

最頻値の求め方、エクセルの使い方

最頻値の求め方は簡単です。最も出現する頻度の多い値を取り出せばよいのです。とはいえ、データ量が多くなると面倒ですよね。そこでエクセルを使った便利な方法があります。


エクセルに「MODE MULT」という関数があります。自動で最頻値を抽出する関数なので是非利用してみましょう。

年収と最頻値、数値に幅のある場合の計算

年収のデータが300~350万円のように幅を持つ場合の最頻値を計算します。


・250~300万円

・300~350万円

・300~350万円

・350~400万円

・400~450万円


上記の場合、度数は300~350万円が最も多いです。よって300+350の平均値をとり375万円を最頻値とします。

まとめ

今回は最頻値について説明しました。意味が理解頂けたと思います。最頻値は、データの中で最も出現する頻度の多い値です。平均値や中央値の違いを理解しましょう。下記も勉強してください。

中央値と平均値の関係は?1分でわかる意味、違い、年収の例、エクセルの使い方

中央値の求め方は?1分でわかる意味、エクセルでの求め方、奇数、偶数との関係

【割引中】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集



▼こちらも人気の記事です▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
建築構造がわかる基礎図解集
pdf版の学習記事

更新情報

【無料】あなたの本当の強みを知りたくないですか?

転職や就活で大活躍の自己分析⇒ 就活や転職で役立つリクナビのグッドポイント診断

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 数学の基礎 > 最頻値とは?1分でわかる意味、求め方、年収、幅のある場合の計算
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事