1. HOME > 構造計算の基礎 > 面積の単位は?1分でわかる単位、読み方、変換、記号とa、計算法

面積の単位は?1分でわかる単位、読み方、変換、記号とa、計算法

建築設計では、必ず面積を計算します。建築設計で計算する面積として、延べ面積や建築面積などがあります。面積の計算では、単位を間違えると全く違う答えになります。今回は、面積の単位と、読み方、変換方法、面積の単位と記号、面積の計算法について説明します。また、今回の記事はSI単位系について勉強するスムーズに読めます。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

面積の単位は?

面積の単位は下記です。

建築では、主に「u」を使います。漢字で平米とも書きます。建物は、面積の規模が大きいので、muやcuでは桁が大きくなるからです。ただ、uからmuやcuへの変換はできるよう覚えましょう。単位変換は下記の記事が参考になります。

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

面積の単位と読み方

面積の単位はの読み方は下記です。

正式な言い方は「へいほうめーとる」ですが、「へいべい」の言い方が多いです。

面積の単位と変換

建築では、面積の単位として、uをよく使います。ただ、各単位が変換できるよう理解してくださいね。

u ⇒ mu

1mは、1000mmです。よって、1uをmuに変換する場合は、1000の二乗をすればよいです。よって

です。

u ⇒ cu

1mは100cmです。よって、1uをcuに変換する場合、100の二乗をします。

です。


muやcuからuに変換するときは、前述した値の逆数をかければよいですね。SI単位系の変換は下記の記事が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

面積の計算法

建築では、主に四角形の面積を求めます。円や三角形の面積も理解すべきでしょう。面積の公式を下記に整理しました。

Aは面積、Lは長さ、hは高さです。三角形の面積は、「底辺×高さ÷2」です。φは円の直径です。直径およびφについては下記の記事が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

面積の記号、aについて

面積の記号は、

が一般的です。大文字のAで書く方が多いですね。面積の記号は、建築では「面積を示す」という共通認識があります。覚えてくださいね。

まとめ

今回は面積の単位について説明しました。意味が理解頂けたと思います。面積の単位は大切です。計算法と合わせて理解してくださいね。またSI単位系を使うので、SI単位系の単位変換は覚えましょう。建築設計では、面積の計算をよく行います。必ず扱えるようにしましょうね。下記の記事も参考になりますよ。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 面積の単位は?1分でわかる単位、読み方、変換、記号とa、計算法