建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 横補鋼材としての方杖

横補鋼材としての方杖

【割引中】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)


鉄骨梁の断面が大きい場合、横補鋼をどうするか悩みます。大梁が横座屈したときの横補鋼力を伝えるだけの接合部を設けなければいけませんし(H-200でボルト6本とか)、それが嫌だったら小梁の断面を大きくする必要があります。


そんな、大梁と小梁の断面の差が大きい時に便利なのが方杖を設けることです。(下図参照)


方杖を設けることで横補鋼力を方杖が伝えることができますし、経済的な設計となるはずです。


では、この方杖の強度と剛性の設計はどうすれば良いでしょう?


100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

強度の確認

言うまでもありませんが、大梁が横座屈するときは梁の下端が捻れます。上は大方屋根がありますし、小梁で繋がっているからです。そのとき、横にはらみ出す力Fを次のように定めています。


F=0.02σy×A/2


σy:大梁の降伏強度、Aは断面積となります。この力Fが作用し上図の場合、方杖の角度分割り増しした力が作用します。


引張り、圧縮どちらの方向もパターンとしては考えられるわけですが、圧縮力が作用した場合は、座屈という不安定現象があるため、圧縮に対して検討しておけば、引っ張りは十分OKとなるでしょう。

剛性の確認

さて、先程の強度を方杖に伝えるためには相応の剛性(硬さ)が無ければいけません。


例えて言えば、方杖が鉄の塊ではなくて、糸のようなものだとどうでしょうか。糸は強度があります。でも、やわらかいから圧縮力を伝えられませんよね。(オイラー座屈の式を思い出しましょう。)


さて、剛性の検討では、必要剛性を算定し、方杖の剛性を求め必要剛性を上回ればOKというものです。


必要剛性=5.0×C/Lb


という式から算定します。


方杖の剛性Kはというと・・・、単純な棒の引っ張りから求める変形量、ひずみ、応力の関係から剛性Kを誘導しました。次式を用います。


P=EAδ/L

K=EA/L


あとは比較してOKかNGかを判定します。足りなければサイズアップとなります。


大梁のサイズにもよりますが、アングル材とか100角のパイプで十分たります。納まり敵にアングルが好みです。

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 横補鋼材としての方杖
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事