1. HOME > 有限要素法の基礎 > 剛性マトリクスの求め方

剛性マトリクスの求め方

さて、有限要素法もマトリクス法(変位法)と同様に剛性マトリクスを求めることが重要です。なぜなら、 剛性マトリクスを求めることができれば、そこから変位を求め、歪と変位の関係から歪、さらに、 応力と歪の関係から応力を求めることが出来るからです。
まず、ここでは簡単のために図のような四角形の構造物を「定ひずみ三角形要素」でメッシュを2つ作成し 剛性マトリクスを求めてみましょう。初めに、要素?Aの剛性マトリクスを導出します。

等方性の線形弾性材料の構成則は、応力{σ}と歪{ε}とをマトリクス[D]を介して次式で表記できます。
線形弾性材料の構成則
{σ} = [D]{ε}

平面応力問題でのマトリクス[D]は、次の式で示すことが出来ます。
平面応力問題でのマトリクス[D]

次に、仮想仕事の原理によって剛性マトリクスを定式化してみましょう。
まず、内部仮想仕事は次のような式で表すことが出来ます。もし、この式をみて ピンとこなかったら、定義として眺めていてください。
剛性マトリクスの定式化

さて、同様に外部仮想仕事は
外部仮想仕事
となります。
仮想仕事の原理とは、「内部仮想仕事=外部仮想仕事」なので、
仮想仕事の原理
以上のことから、剛性マトリクスは次の式から求めることができますね。

剛性マトリクス
剛性マトリクス2
また、Δは三角形の面積で表すことができるので、Δ=l2/2です。よって数式の整理を行うと次のように示すことができます。
剛性マトリクス3

以上のように、要素?Aの剛性マトリクスを求めることができました。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 有限要素法の基礎 > 剛性マトリクスの求め方