建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 有限要素法の基礎 > Bマトリクスを導出する方法とは

Bマトリクスを導出する方法とは

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


定ひずみ三角形要素の剛性マトリクスを求める準備段階として、歪と変位を関係づけるBマトリクスを求めましょう。


変位u,vの2成分を3つの頂点(i,j,k)に関するパラメータα1,α2…を含む一次関数で表示できます(最も簡単な変位場)。変位関数の定義は、


定ひずみ三角形要素

u=α12x+α3y


v=α45x+α6y


次に節点座標を代入すると、


Aマトリクス


上の式を節点変位ベクトル≡{d}=[A]{α}と略記し、[A]をAマトリクスと呼びます。


また、{α}=(α1, α2, α3, α4, α5, α6,)Tは一般化変位と呼ばれます。


{α}について解くと、


{α}=[A]-1{d}


Aの逆マトリクス


また、


Aの逆マトリクス2


a1=x2 y3x3 y  b1=y2y3   c1=y3y2

a2=x3 y1x1 y3   b2=x3y1   c2=x1y3

a3=x1 y2x2 y1   b3=x1y2   c3=x2y1

スポンサーリンク
 

さらに、歪と変位の関係式は


歪と変位の関係式


ここで、変位関数の定義は次のように書き換えることが出来ます。


変位関数の定義


この式を歪と変位の関係に代入すると


εx=[0 1 0 0 0 0] [A]-1{d}

εy=[0 0 0 0 0 1] [A]-1{d}

2εxy=[0 0 1 0 0 0] [A]-1{d}+[0 0 0 0 1 0] [A]-1{d}


これを纏めると、


変位関数の定義を纏める


ここで、[B]をBマトリクスと呼びます。


Bマトリクス


また、マトリクス要素の節点座標で表すと、次のような式で示すことができます。


マトリクス要素の節点座標で表す


あとは、具体的な節点座標を代入すれば、実際の[B]を求めることができますね。

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 有限要素法の基礎 > Bマトリクスを導出する方法とは
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事