建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 材料力学の基礎 > 商法則

商法則

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


未知の量にテンソルを乗じた結果がテンソルであることがわかっているとき、その量はテンソルであることがわかります。これを商法則といい、この方法によって容易にこれを知ることができます。例として、ijkを有する33個の関数A(i,j,k )を考えましょう。いま、viがベクトル(1階のテンソル)であって、 A(i,j,k)との積(iについて総和をとる)がTjkのような2階のテンソルであることがわかっているとします。 Tjkがテンソルなら、

となる。一方、v'iはベクトルであるから

であるから

これが任意のviについて成り立つためには

となります。

 
縮約
n階のテンソルの任意の指標の2つを等しくおいて和をとることを縮約といい、(n -2)階のテンソルが得られることがわかります。よって、2階のテンソルは縮約によって0階のテンソル(スカラー)が得られます。 いまn階のテンソルは

なる変換法則に従うが、ここで指標qpに等しくおいて和をとると

ここで、明らかであるように

であるから、式は

となります。

・[例題]
n階のテンソルのm階偏導関数は(n+m)階のテンソルとなることを示せ。ただし、n>=m>=1とする。

となる。よって、1階だけ高階のテンソルが得られた。この操作をm回繰り返すことによって、 m階偏導関数がm階だけ高階のテンソルとなることがわかる。

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 材料力学の基礎 > 商法則
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事