1. HOME > 建築学生向け就職情報 > デルタとは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係
スポンサーリンク

デルタとは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係

デルタとは、数学や物理で「差分」や「変化量」を意味します。建築分野でも、構造力学でデルタを使います。差分や変化量の意味で使うこともあれば、「たわみ」を表す記号として使います。デルタの記号は、Δやd、δです。今回はデルタの意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係について説明します。※似た記号に「ε」があります。これは、ひずみを表します。下記の記事が参考になります。

εとは?1分でわかる意味、読み方、単位、イプシロンとひずみの関係

デルタの意味は?

デルタの意味は、「差分」や「変化量」です。例えば、10.0と5.0の差分を


また、微小という意味でも使います。積分の公式は、


∫x dx

∫dA

などのように、「d」を使います。

デルタの記号と数学、物理の関係

デルタの記号は下記があります。全てデルタと読みますが、建築分野では使いわけます。


・Δ 差分や変化量を表す。数学や物理で使うデルタと同じ意味。

・d 微小を意味する。面積を求める積分の公式のように「∫dA」で示す。Aは面積で、dは微小のこと。dAで微小面積を意味する。

・δ 梁や部材の「たわみ」を意味する。たわみを示す記号は、このギリシャ文字以外は使わない。


以上、デルタの使い分けを整理しました。面積と積分の関係は、下記の記事が参考になります。

面積と積分の関係は?1分でわかる意味、公式、なぜ積分で面積を計算するのか


たわみδについては、下記の記事が参考になります。

たわみとは?1分でわかる意味、求め方、公式、単位、記号、計算法

デルタと建築の関係

建築では、デルタは「たわみ」を意味する記号で使います。数学や物理では、デルタを差分や変化量の意味です。


たわみは、元の部材からの変形量なので、差分や変化量と似た解釈ですね。

まとめ

今回はデルタについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。数学や物理では、デルタを差分、変化量として使います。建築分野でも構造力学でデルタを使います。また、デルタの記号にはΔ、d、δなど色々あるので、使い分けを理解しましょう。たわみのδ、積分で使うdは下記の記事が参考になります。

たわみとは?1分でわかる意味、求め方、公式、単位、記号、計算法

面積と積分の関係は?1分でわかる意味、公式、なぜ積分で面積を計算するのか

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > デルタとは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係