1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築で数学は必要?現役設計者が教える必要な公式、範囲、物理との関係

建築で数学は必要?現役設計者が教える必要な公式、範囲、物理との関係

将来、建築家になりたい方、建築物を設計してみたい、と思う方は多いでしょう。その一方で、「自分は数学が苦手だけど大丈夫だろうか?」と悩んでいますよね。


大学の建築学科は理系なので、授業などで数学は勉強します。しかし、実務(実際に建物を設計するなど)で、数学を使う機会は少ないです。


今回は、現役設計者の私が、建築で数学を使うのか、必要な公式、範囲、物理との関係について説明します。

建築で数学は必要?

現役設計者の私ですが、建築物の設計で数学を使う機会は少ないです。私は構造設計者なので、数学を使う機会が多い方ですが、それでも滅多にないのです。


よって、建築物の内部空間やデザインを考える「建築家」は、数学をほとんど必要としないでしょう。


もちろん、大学入試では数学が必要ですし、大学の授業でも数学を使います。建築学科は理系なので、ほとんどの人が大学院へ行くと思います。大学院では研究活動が主なので、研究を行う過程で難しい数学を使うこともあります。


しかし、「実務で数学は使わない」が答えです。但し、四則演算などの簡単な計算は度々使います。例えば面積、体積、長さ、角度などは計算できるようにしてください。「数学」ときくと難しそうですが、「算数」程度のレベルです。


建築で必要な数学の公式を下記に整理しました。

スポンサーリンク
 

建築で必要な数学の公式

建築で必要な数学の公式は下記です。


将来、建築の仕事をしたい方は、上記の公式は最低限覚えてください。大学で習った数学より簡単だと思います。

なお、構造設計をしたい方は、下記の公式も併せて覚えてください。※各リンクも参考になります。

断面二次モーメントとは何か?


断面一次モーメントについて


断面係数とは


たわみとは?1分でわかる意味、求め方、公式、単位、記号、計算法


座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類

建築で必要な数学の範囲

建築で必要な数学の範囲は下記です。


この2つは必須です。四則演算は、中学、高校でマスターしますよね。大学ではもっとレベルの高い数学を学びますが、実務では必要としません。微分、積分は構造設計者の私でも滅多に使いません。


ただし、研究者は別です。将来、建築関係の研究職に携わりたい方、研究者になりたい方は、最低限、大学で習った数学は必要です。


よって、大学1〜2年で習う数学を理解できれば、数学については建築の実務で十分に通用します。


極端に言えば、現在、文系の方でも建築で使う数学は問題なく理解できるでしょう。文系については下記の記事が参考になります。

文系は建築業界に就職可能?建築学科への転科、文系でも可能な仕事

建築と物理の関係

建築は数学より、物理が重要です。物理の中でも力学は、建築に携わる方全員が理解するべきです。※ただ実状として、物理の力学を理解している方は、構造設計者以外では少ないです。


物理の範囲は、力の釣り合い、力と変形の関係など基本的なことを理解すれば大丈夫です。

まとめ

今回は建築で必要な数学について説明しました。数学が必要かなぁと悩んでいる方は、悩みが少し減ったと思います。建築学科は理系です。授業で数学は勉強しますが、実務で難しい数学は不要です。最低限、四則演算や三角関数は理解してください。必要な公式は、面積や体積、長さの計算、角度の計算を暗記してください。建築学科をお探しの方は、下記の記事も参考になります。

建築学科に強い大学ランキングと就職先、良い大学の調べ方

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築で数学は必要?現役設計者が教える必要な公式、範囲、物理との関係