1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築系の就職に必要なたった1つの資格と、就活に不要な資格

建築系の就職に必要なたった1つの資格と、就活に不要な資格

就活を見据えて「なにか資格があった方が、就活に有利なのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもよい会社へ入るために、履歴書に色々書きたい気持ちは分かります。でも焦らないでください。資格を沢山とったところで、就活が有利に働くとは限りません。


むしろ会社側は、「この学生は興味が1つのこと(仕事)に熱中できるのか」とマイナスに働くことも考えられます。


実のところ、建築系の就活に必要な資格は、多くありません。


いや、僕の考えでは「たった1つの資格」で十分。今回は、建築系の資格に必要な資格、不要な資格について説明します。

建築系の就職に必要な資格とは?

先に答えを書きます。建築系の就職に必要な資格は、


があれば十分なんです。


自動車運転免許は、建築系に関わらず最低限必要な資格ですよね。建築系の会社では、出張や現場調査、打合せなど頻繁に車を運転します。


ではなぜ、その他の資格は必要ないのでしょうか。理由をいくつか書いていきます。

君は即戦力じゃない

例えば、二級建築士を持っていても、新入社員の頃は全く役に立ちません。それを企業側もわかっています。


つまり企業は、採用した学生を「即戦力」とは思っていません。入社1日目から、「彼は〇○の資格を持っているから、この仕事を頼もう」とは、なりません。当然ですね。


それよりも人間性、将来性(成長するか)、地頭の良さ(学歴など)を判断して、採用します。


およそ3年は、実務で役に立たないことを見越して採用します。さらに、3年経つと、順調な方は一級建築士をとっています(大卒で実務経験1〜2年で受験可)。


一級建築士は、建築業界で最も重要な資格です。この資格あれば、とりあえず建築業界で生きていけます。それなのに、学生の内に二級建築士の資格を取る意味は無いでしょう。

スポンサーリンク
 

学生の内にとれる資格のほとんどが、実務で役に立たない

2つ目の理由、学生のうちに取れる資格のほとんどが実務で役に立ちません。前述した二級建築士も、その1つです。


建築業界は、経験がものをいいます。


座学だけではどうしても学べないことが多く、社会にでて経験を積むことが大切です。


よって建築系の資格をみると、重要な資格のほとんどが「実務経験を必要」としています。逆にいうと、学生の内に取れる建築系の資格はほとんどが「使えない資格」です。

取得不要な資格

以上、建築系の就活に不要な資格を整理しました。

・二級建築士

・その他、学生の内にとれる建築系の資格など


二級建築士や、学生のうちにとれる建築系の資格は、就活に不要です。理由は前述した通りです。


さて、TOEICなどの英語系の資格は、大手建設会社へ入るために持っておいて損は無い、というレベルです。


重要度はそれほど高くなくて、「就職してからは不要な資格」です。英語の資格を頑張って勉強するなら、意匠系ならポートフォリオ、構造系は研究を熱心にした方がいいです。


ただ、「海外挑戦したい」「海外部署で働きたい」方は、当然必須です(建築系の会社は、海外の仕事が少ないですが)。

就職後、取得をおすすめする資格一覧

前述した通り、資格は就職してからとることが多いです。下記に、取得をおすすめする資格を一覧にしました。

・一級建築士(構造一級建築士など)

・一級施工管理技士

・技術士


基本は一級建築士です。この資格だけとって、後の資格は取らない人も大勢います。また施工管理をやりたい人は、施工管理技士ですね。こちらも大切な資格です。


さらにステップアップしたい人は、技術士もおすすめです。ただ、一級建築士よりも難易度が高いですが。

まとめ

今回は、必要な資格と不要な資格を説明しました。もし「就活を有利に進める資格をとらなきゃ!」と思っている方は安心してください。自動車免許だけで十分です。本当に重要なのは資格じゃなくて、「建築の勉強・研究」です。ただでさえ忙しい就活ですが、余計なエネルギーを使わないようにしたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築系の就職に必要なたった1つの資格と、就活に不要な資格