1. HOME > 構造計算を学ぶ > 橋梁の読み方は?1分でわかる読み方と意味、語源、用語
スポンサーリンク

橋梁の読み方は?1分でわかる読み方と意味、語源、用語

橋梁の読み方は「きょうりょう」です。橋梁は土木工学の専門用語です。一般的には「橋(はし)」を使います。橋梁と橋は同じ意味です。なお、橋の語源の1つに「離れた端から端を結ぶもの」という意味があります。梁(はり、りょう)は、「向こうへ渡る」という意味があります。今回は橋梁の読み方、意味、語源、用語の読み方について説明します。橋梁の意味、橋の構造は下記が参考になります。

橋梁とは?1分でわかる意味、用語の定義、構造、橋との違い

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算

橋梁の読み方は?

橋梁の読み方は「きょうりょう」です。ただし、「橋」と「梁」が個別になると読み方が変わります。


橋 ⇒ はし

梁 ⇒ はり


です。橋梁は土木工学の専門用語です。一般的には「橋」といいます。橋梁と橋は同じ意味です。橋梁の意味、用語の定義など下記が参考になります。

橋梁とは?1分でわかる意味、用語の定義、構造、橋との違い


橋の構造は下記が参考になります。

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算

スポンサーリンク

橋梁の語源

橋梁の「橋」と「梁」には、下記の語源があります。


橋の語源 ⇒ 離れた端(はし)から端(はし)を結ぶという意味。端⇒橋へと変化

梁の語源 ⇒ 向こうへ渡るという意味が変化


また、梁は建設業界では水平方向に架ける部材として認識されています。よって橋梁は「端から端に渡る水平方向の部材」と考えると何となく理解できますね。なお、橋梁は通行、輸送のために必要な構造物です。


橋梁の意味、橋の構造など下記が参考になります。

橋梁とは?1分でわかる意味、用語の定義、構造、橋との違い

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算

橋梁の用語と読み方

橋梁に関係する用語の読み方を下記に示します。


支承(ししょう)

支間(しかん)

純径間(じゅんけいかん)

橋脚(きょうきゃく)

橋台(きょうだい)

躯体(くたい)

基礎(きそ)

上部構造(じょうぶこうぞう)

下部構造(かぶこうぞう)

まとめ

今回は橋梁の読み方について説明しました。橋梁の読み方、意味が理解頂けたと思います。橋梁は「きょうりょう」と読みます。但し、橋(はし)、梁(はり)のように個別の漢字は、読み方が違うので注意してください。また、橋梁の語源を知ると、橋梁がどのような構造物か理解できます。橋梁の意味、橋の構造など、合わせて勉強しましょうね。

橋梁とは?1分でわかる意味、用語の定義、構造、橋との違い

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン
荷重pdf

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算を学ぶ > 橋梁の読み方は?1分でわかる読み方と意味、語源、用語