1. HOME > 構造力学の基礎 > 正曲げとは?1分でわかる意味、負曲げとの違い、ラーメン構造との関係

正曲げとは?1分でわかる意味、負曲げとの違い、ラーメン構造との関係

正曲げとは、部材を下側凸に変形させる曲げモーメントです。似た用語で、「負曲げ」があります。正曲げと負曲げの違いを理解しないと、梁やラーメン構造の断面力図が描けません。今回は、正曲げと負曲げの意味、違い、ラーメン構造との関係について説明します。※モーメントについては下記の記事が参考になります。

力のモーメントってなに?本当にわかるモーメントの意味と計算方法

正曲げとは?

正曲げは、部材を下側凸に変形させる曲げモーメントです。逆に、上側凸にさせる曲げモーメントを負曲げといいます。


下図を見てください。単純梁に下側向きの荷重が作用します。このとき、梁は下側凸に変形しますね。

梁と正曲げ

両端はピン支点なので曲げは生じません。中央の曲げモーメントは、「正曲げ」です。


下図は両端固定梁です。下側向きの荷重が作用すると、下側に正曲げが生じます。さらに端部では、上側に負曲げが起きます。

両端固定梁と負曲げ、正曲げ

正曲げと負曲げは、曲げモーメントの回転する向きよりも、「部材がどのように変形するか?」を覚えたほうがイメージしやすいです。


ただ、計算するときは正曲げと負曲げの回転する向きが必要です。下図に示しました。

正曲げと負曲げの回転する向き

正曲げと負曲げとの違い

正曲げと負曲げの違いは下記に整理しました。

  • ・正曲げ ⇒部材を下側凸に変形させる曲げモーメント
  • ・負曲げ ⇒部材を上側凸に変形させる曲げモーメント

正曲げ・負曲げは、相対的な評価なので、定義が逆になっても計算は可能です。ただし、現在の構造設計の実務、構造力学では上記の定義が一般的です。


※ラーメン構造の柱は、下側・上側という定義では無いです。後述しました。

断面力図の描き方、ラーメン構造との関係

断面力図は、部材に作用する応力が一目でわかる図です。構造設計でも、部材の断面力図はよく描きます。


梁の断面力図の描き方は下記の記事が参考になります。

断面力図ってなに?断面力図の簡単な描き方と、意味


断面力図と描く時のポイントは、梁の変形をイメージすることです。ただし、機械的に処理するためには、正・負の位置を暗記しましょう。下図に梁の正曲げと負曲げの定義を示しました。

梁の正曲げと負曲げの定義

ラーメン構造は、下図のように正曲げと負曲げを区別します。

ラーメン構造の正曲げと負曲げ

まとめ

今回は正曲げ、負曲げの意味や定義について説明しました。意味が理解頂けたと思います。正曲げと負曲げの定義は必ず理解してください。また、梁やラーメン構造の断面力図を描けるように勉強しましょうね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 正曲げとは?1分でわかる意味、負曲げとの違い、ラーメン構造との関係