1. HOME > 建築学生向け就職情報 > ワーキングジョイントとは?1分でわかる意味、2面接着、3面接着の違い

ワーキングジョイントとは?1分でわかる意味、2面接着、3面接着の違い

ワーキングジョイントとは、構造部材の被着体の変形が予想されるジョイントです。鉄骨造の建具回りの目地、ガラス回りの目地、乾式パネルの目地などが該当します。今回はワーキングジョイントの意味、2面接着と3面接着の違いについて説明します。※反対に、被着体の変形がないジョイントを、ノンワーキングジョイントといいます。

ワーキングジョイントとは?

ワーキングジョイントとは、構造体の被着体部の変形が予想されるジョイントです。ワーキングジョイントは「目地回り」に使う用語です。


目地は、防水のためシーリングが必要です。シーリングを拘束すると、変形のさい、余計な応力が作用します。よって、シーリングは、ひび割れないよう接着面を2か所とします。接着面を2か所にすることで、不要な応力を減らす目的があります。下図のように、ワーキングジョイントでは「2面接着」を行います。

2面接着

鉄骨造は変形しやすい構造です。よって、鉄骨造の建具回りの目地はワーキングジョイントです。ガラス回りの目地や、乾式パネルの目地もワーキングジョイントですね。


また、2面接着の方法は下記があります。


・バックアップ材を用いる方法

・ボンドブレーカーを用いる方法


バックアップ材、ボンドブレーカー共に、シーリング材と接着させません。2面のみ接着することが目的だからです。

ノンワーキングジョイントとは?

ノンワーキングジョイントは、被着体の変形が予想されないジョイントです。変形が無いので、3面接着とします。


鉄筋コンクリート造の誘発目地などが、ノンワーキングジョイントに該当します。

2面接着と3面接着の違い

2面接着と3面接着の違いを下記に整理しました。


2面接着 ⇒2面(2か所)にシーリングを接着する方法

3面接着 ⇒3面(3か所)にシーリングを接着する方法


2面接着は、ワーキングジョイントに使います。3面接着はノンワーキングジョイントです。前述しましたが、ワーキングジョイントは、被着体の変形があるので、シーリングはなるべく拘束しません。変形を拘束する箇所が多いと、ひび割れが増えるからです。

まとめ

今回はワーキングジョイントについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。ワーキングジョイントは、構造体の被着部の変形が予測されるジョイントです。シーリング目地がひび割れないよう、2面接着とします。3面接着の違いと併せて覚えてくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > ワーキングジョイントとは?1分でわかる意味、2面接着、3面接着の違い