1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > ポストテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレテンションとの違い

ポストテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレテンションとの違い

ポストテンション方式とは、プレストレス導入の方法の1つです。コンクリート硬化後に、プレストレスを導入します。硬化後のコンクリートに、直接圧縮力を加えるイメージです。今回はポストテンション方式の意味、特徴、プレテンション方式との違いについて説明します。プレテンション方式は、下記の記事が参考になります。

プレテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレストレスの意味

ポストテンション方式とは?

ポストテンション方式とは、コンクリートの硬化後に、PC鋼材に張力を導入する方法です。コンクリート硬化後、PC鋼材を引っ張るので、引張力に対してコンクリートが影響しないよう、「PC鋼材はシース管の中」に入れます。


PC鋼材に張力導入後、シース管内はグラウトを注入します。下図をみてください。これがポストテンション方式で使うシース管とPC鋼材の関係です。シース管とPC鋼材の間には、グラウトを注入しPC鋼材の腐食を保護します。また、付着を確保します。

ポストテンション方式

ポストテンション方式の特徴

ポストテンション方式の特徴を、下記に整理しました。


・コンクリート硬化後に、PC鋼材に張力を導入する。

・硬化後のコンクリートに支圧力が作用し、プレストレスを導入する

・PC鋼材はシース管の中に入っている。

ポストテンション方式とプレテンション方式の違い

ポストテンション方式とプレテンション方式の違いを下記に整理しました。


ポストテンション方式 ⇒ コンクリート硬化後、PC鋼材に張力を導入する方法。支圧力によりプレストレスを導入する方法

プレテンション方式 ⇒ コンクリート硬化前にPC鋼材に引張力を与え、コンクリート硬化後、鋼材を切断しプレストレスを導入する方法


プレテンション方式の意味は、下記の記事も参考になります。

プレテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレストレスの意味

プレストレスの減少

プレストレスにより、引張側応力の減少、たわみの減少が可能です。ただし、コンクリートのクリープ、PC鋼材のリラクセーションにより、プレストレスは減少します。コンクリートのクリープ、リラクセーションの意味は、下記の記事が参考になります。

コンクリートのクリープってなに?その原因と、変形増大係数の関係

まとめ

今回はポストテンション方式について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ポストテンション方式は、コンクリート硬化後に、PC鋼材に張力を導入する方法です。PC鋼材とシース管との関係を覚えてください。プレテンション方式との違いも理解しましょう。下記の記事が参考になります。

プレテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレストレスの意味

構造物の種類-PC構造と理論-


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > ポストテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレテンションとの違い