1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > プレテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレストレスの意味

プレテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレストレスの意味

プレテンション方式とは、プレストレスを導入する方法の1つです。コンクリート硬化前に、PC鋼材に引張力を与え、コンクリート硬化後、PC鋼材の張力を緩める方法です。今回は、プレテンション方式の意味、特徴、プレストレスの意味について説明します。なお、コンクリート硬化後に張力を導入する、ポストテンション方式もあります。※プレストレストコンクリートは下記の記事も参考になります。

構造物の種類-PC構造と理論-

プレテンション方式とは?

プレテンション方式は、コンクリートにプレストレスを導入する方法の1つです。コンクリート硬化前にPC鋼材に張力を導入します。コンクリート硬化後、PC鋼材を緩める(切断する)ことで、PC鋼材からコンクリートに圧縮力が伝わります。圧縮力は、PC鋼材とコンクリートとの付着力で伝達されます。


輪ゴムを両手で引張り、離すと縮みますよね。ゴムが伸び、戻るときの力で、コンクリートの圧縮力を伝えます。

プレテンション方式の特徴

プレテンション方式の特徴は下記です。


・コンクリート硬化前に、PC鋼材に張力を導入する。

・コンクリート硬化後、PC鋼材を切断する。もとに戻る力が圧縮力として、PC鋼材からコンクリートへ伝達する。


なお、コンクリート硬化後にPC鋼材に張力を導入する方法を、ポストテンション方式といいます。

プレストレストコンクリートとプレストレスの関係

プレストレストコンクリートは、コンクリートにあらかじめ圧縮力を加えることで、変形や応力を減らす効果があります。下図を見てください。普通、梁の曲げ応力度は引張と圧縮側に生じます。しかし、あらかじめコンクリートに圧縮力を加えれば、引張力と圧縮力は打ち消しあいます。

プレストレストコンクリートとプレストレス

コンクリートは引張力に弱いです。プレストレスを導入することで、大スパン構造に対応できます。※大スパン構造は、下記の記事が参考になります。

大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係


プレストレスを体験しましょう。小説を5冊程度用意してください。小説を5冊並べて、両手でグッとおさえます。両手でおさえたまま、手で持ち上げても落ちません。両手の力を緩めると、本はバラバラに落ちます。両手から加えた圧縮力がプレストレスと同じ役割をしたのです。

まとめ

今回はプレテンション方式について説明しました。意味が理解頂けたと思います。プレテンション方式は、コンクリート硬化前にPC鋼材に張力を導入する方法です。コンクリート硬化後に導入する方法を、ポストテンション方式といいます。意味を理解してください。下記の記事も併せて参考にしてください。

構造物の種類-PC構造と理論-


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > プレテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレストレスの意味