1. HOME > 構造計算の基礎 > 大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係

大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係

大スパン建築とは、数10m〜100mを超えるスパンの建築物です。標準的なスパンを超えるので、普通の構造形式では対応できません。トラス構造、アーチ構造、吊構造など、構造的な工夫が必要です。今回は、大スパン建築の意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係について説明します。大スパン建築には、空間構造を採用することも多いです。空間構造は、下記の記事が参考になります。

空間構造とは?1分でわかる意味、大スパン構造、シェルとの関係

スパンとは何か?

大スパン建築とは?

大スパン建築とは、スパンが数10m〜100mを超える建築物のことです。スパンとは、柱芯間距離のことです。※スパンの意味は、下記の記事が参考になります。

スパンとは何か?


鉄骨造や鉄筋コンクリート造の標準的なスパンは下記です。


鉄骨造 10〜20m

鉄筋コンクリート造 6〜10m


鉄骨造の方が、長いスパンとできます。よって、鉄骨造の標準スパンを超える建築物は、大スパン建築ですね。

大スパン建築の工法

標準スパンの鉄骨造は、梁にH形鋼、柱に角形鋼管を用いたラーメン構造が一般的です。※ラーメン構造は下記の記事が参考になります。

ラーメン構造とは?1分でわかる意味、特徴、由来、メリットとデメリット


一方、大スパン建築は、ラーメン構造では対応できません。大スパン建築をつくる構造形式として、下記があります。


トラス構造

アーチ構造

吊構造


特にトラス構造は、大スパン建築の構造として幅広く利用されます(大スパンの橋梁、ドームの屋根、体育館の屋根など)。※トラス構造の仕組みは、下記の記事が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法


アーチ構造、吊構造の意味は、下記の記事が参考になります。

アーチの構造と仕組み

吊り構造とは?1分でわかる意味、メリット、仕組み、張力構造との違い


鉄骨造は元々スパンの長い建築に適用しやすいです(鉄骨部材は軽量、高強度、高剛性のため)。また、細かい部材を組み合わせることが得意です。大スパン建築の工法として、


立体トラス

平行弦トラス

などがあります。詳細は、下記の記事が参考になります。

システムトラスとは?1分でわかる意味、メーカー、ボールジョイントとは

平行弦トラスとは?1分でわかる意味、スパン、計算法


鉄筋コンクリート造は、大スパン建築に対応しにくいですが、

とし、大スパン建築に対応した工法もあります。

大スパン建築と空間構造

大スパン建築は、数10m〜100mを超えるスパンの建築物です。似た用語で、「空間構造」があります。空間構造とは、


です。空間構造の詳細は、下記の記事が参考になります。

空間構造とは?1分でわかる意味、大スパン構造、シェルとの関係

まとめ

今回は、大スパン建築について説明しました。意味が理解頂けたと思います。大スパン建築は、数10m〜100mを超える建築物です。標準的なスパンを超えるので、通常のラーメン構造は適用できません。大スパン建築に対応できる構造形式、工法は何があるか理解してください。特に、トラス構造は仕組みや計算方法も併せて覚えましょう。トラス構造は下記の記事が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

システムトラスとは?1分でわかる意味、メーカー、ボールジョイントとは


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係