1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋コンクリート構造計算規準とは?1分でわかる意味、最新版、目次
スポンサーリンク

鉄筋コンクリート構造計算規準とは?1分でわかる意味、最新版、目次

鉄筋コンクリート構造計算規準とは、鉄筋コンクリート造の構造計算に関する規定を示す書籍です。日本建築学会により出版されています。鉄筋コンクリート造の構造設計をする際の必需品です。鋼構造設計基準と並び重要な本でしょう。また、定期的に最新版が改訂されます。今回は、鉄筋コンクリート構造計算規準の意味、最新版、目次、スリットについて説明します。


その他、鉄筋コンクリート造配筋指針、JSCAのスリット指針など関係書籍も大切です。

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅、振れ

鉄筋コンクリート構造計算規準とは?

鉄筋コンクリート構造計算規準とは、鉄筋コンクリート造の構造計算全般に関する規定が示された書籍です。


日本建築学会による出版です。初見だとやや難しく感じますが、最新の知見や過去の研究成果が盛り込まれており、信頼性の高い本です。鉄筋コンクリート造の構造設計をする際、必ず鉄筋コンクリート構造計算規準を読みます。


手元に1冊おいてじっくり読みたい本です(僕も1冊持っています)。また、鉄筋コンクリート造配筋指針は、関係書籍の中でも重要です。配筋指針については、下記が参考になります。


鉄筋コンクリート造の構造計算に関する、あらゆる規定が示されていますが、構造計算例が少ないです。計算例を通して勉強したい方は、JSCAが出版する下記の書籍もおすすめです。

鉄筋コンクリート構造計算規準の最新版

鉄筋コンクリート構造計算規準の最新版は「2018年」です。重要度の高い本なので、定期的に改訂されます。

鉄筋コンクリート構造計算規準の目次

鉄筋コンクリート構造計算規準の目次を下記に示します。


1章 総則

 1条 目的と適用範囲

 2条 記号

2章 材料および許容応力度

 3条 コンクリートの種類・品質および材料

 4条 鉄筋の品質・形状および寸法

 5条 材料の定数

 6条 許容応力度

3章 荷重および応力・変形の算定

 7条 荷重および外力とその組合せ

 8条 構造解析の基本事項

 9条 骨組の解析

 10条 スラブの解析

 11条 フラットスラブ構造・フラットプレート構造

4章 部材の算定

 12条 曲げ材の断面算定のおける基本仮定

 13条 梁の曲げに対する断面算定

 14条 柱の軸方向力と曲げに対する断面算定

 15条 梁・柱および柱梁接合部のせん断に対する算定

 16条 付着および継手

 17条 定着

 18条 床スラブ

 19条 壁部材の算定

 20条 基礎

 21条 鉄筋のかぶり厚さ

 22条 特殊な応力その他に対する構造部材の補強


1条〜22条の全てが重要な項目です。全て読み切るまで時間がかかりますが、鉄筋コンクリート造の構造計算をマスターするには避けては通れない道でしょう。

まとめ

今回は鉄筋コンクリート構造計算規準について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄筋コンクリート構造計算規準は、鉄筋コンクリートの構造計算全般の規定を示した本です。例えば、鉄筋コンクリート造の応力、剛性評価、断面算定などの規定が書いてあります。必ず手元に置きたい書籍です。鉄筋コンクリート構造の配筋指針も、併せて手に入れたいですね。


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋コンクリート構造計算規準とは?1分でわかる意味、最新版、目次