1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 構造スリット設計指針とは?1分でわかる意味、最新版、目次、スリットとの関係

構造スリット設計指針とは?1分でわかる意味、最新版、目次、スリットとの関係

構造スリット設計指針とは、鉄筋コンクリート造の「スリット」に関する規定を示す書籍です。日本建築構造技術者境界により出版されています。日本建築学会の書籍に比べて重要性が落ちますが、構造スリットに関する考え方が理解できる本です。今回は、構造スリット設計指針の意味、最新版、目次、スリットについて説明します。


スリットの意味は、下記が参考になります。

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅、振れ

構造スリット設計指針とは?

構造スリット設計指針とは、鉄筋コンクリート造のスリットに関する規定が示された書籍です。

鉄筋コンクリート造建築物における構造スリット設計指針


日本建築構造技術者境界による出版です。建築学会の本に比べて読みすいです。また、技術者向けの本なので、構造設計の実務に携わる方なら、すぐに内容を理解できます。


現在、鉄筋コンクリート造の雑壁は構造スリットを設けることが基本です。鉄筋コンクリート構造計算規準と併せて読みたい書籍です。※鉄筋コンクリート構造計算規準は、下記の書籍です。


当サイトでも、構造スリットの意味、使う理由を説明しています。下記が参考になります。

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅、振れ


また、構造設計をする上で最も重要な本が、「黄色本」です。黄色本の意味は、下記が参考になります。

構造の黄色本とは?1分でわかる意味、建築基準法との関係


黄色本にも構造スリットに関する規定が書いてあります。下記が黄色本です。

建築物の構造関係技術基準解説書〈2015年版〉

構造スリット設計指針の最新版

構造スリット設計指針の最新版は「2009年」です。

構造スリット設計指針の目次

構造スリット設計指針の目次を下記に示します。


1 鉄筋コンクリート造建築物における構造スリット設計指針(総則

2 スリット付き壁を含む柱・梁の剛性評価

3 要求性能

4 スリット部の設計)

5 鉄筋コンクリート造建築物における構造スリット設計指針・同解説


ページ数も多くないので、読みやすい本です。スリットを設けた場合の剛性評価など、構造設計をする際、気になる項目が解説されています。剛性の意味は、下記が参考になります。

剛性とは?本当に分かる剛性の計算、単位、強度との違い、バネ定数

まとめ

今回は構造スリット設計指針について説明しました。意味が理解頂けたと思います。構造スリット設計指針は、スリット(構造スリット)の規定を示した書籍です。鉄筋コンクリート造の構造スリットの考え方(剛性評価など)の規準が示されています。是非読みたい書籍です。鉄筋コンクリート構造計算規準も、併せて参考にしてくださいね。


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

あなたにおすすめの記事

更新情報

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 構造スリット設計指針とは?1分でわかる意味、最新版、目次、スリットとの関係