1. HOME > 構造計算の基礎 > 浮力の単位は?1分でわかる意味、単位、g、kgf、n、公式との関係

浮力の単位は?1分でわかる意味、単位、g、kgf、n、公式との関係

浮力の単位には、kgf、N、kNがあります。現在はSI単位系が一般的なので、NまたはkNを使いましょう。今回は、浮力の単位、g、kgf、n、浮力の単位と公式の関係について説明します。浮力は、液体による物を押し上げる力です。浮力の意味は、下記が参考になります。

浮力とは?1分でわかる意味、原理、公式、体積、単位、重力との関係

浮力の単位は?

浮力の単位を下記に示します。


Kgf

N

kN


kgfは工学単位系による、浮力の単位です。現在は、工学単位系よりSI単位系を用います。よって、浮力の単位はNやkNが一般的です。1000Nが1kNなので、浮力の値が大きく、桁数が増えるときkNで表示します。


SI単位系、工学単位系の意味は下記が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

工学単位系とは?1分でわかる意味、質量、重量、力、圧力の単位


浮力は液体による物を押し上げる力です。例えばゴムボールのように、軽い物を水中に沈めると、浮き上がります。これは浮力の影響です。浮力の意味は、下記の記事が参考になります。

浮力とは?1分でわかる意味、原理、公式、体積、単位、重力との関係

浮力の単位の種類、g、kgf、nの関係

浮力の単位の種類と、各単位の関係は下記の記事が参考になります。

耐荷重の単位は?1分でわかるkgf、n、kn、換算

浮力の単位と公式の関係

浮力の単位を、浮力の公式から導きます。考えやすいよう、水の浮力を考えましょう。浮力を求める式は、下記です。


浮力=水の密度×物の体積


密度の単位をkg/cm3、体積の単位をcm3とします。上式を単位で表現すると、下記です。


kg/cm3×cm3=kg


最後にkgをSI単位系に変換するため、重力加速度9.8(≒10)をかけて、NまたはkNの形にします。


Kgをnに変換する方法は下記の記事が参考になります。

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

まとめ

今回は浮力の単位について説明しました。意味が理解頂けたと思います。浮力の単位だけでなく浮力の意味、浮力の公式と単位の関係を理解しましょう。また、工学単位系とSI単位系の違いも併せて勉強しましょう。下記の記事が参考になります。

浮力とは?1分でわかる意味、原理、公式、体積、単位、重力との関係

工学単位系とは?1分でわかる意味、質量、重量、力、圧力の単位

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 浮力の単位は?1分でわかる意味、単位、g、kgf、n、公式との関係