1. HOME > 構造計算の基礎 > 張弦梁構造とは?1分でわかる意味、仕組み、特徴、トラス構造との関係

張弦梁構造とは?1分でわかる意味、仕組み、特徴、トラス構造との関係

張弦梁構造とは、梁構造とケーブル構造を組み合わせた構造形式です。アーチ構造やケーブル構造と違い、大きな水平反力が生じません。大スパン建築に採用される構造形式です。今回は、張弦梁構造の意味、仕組み、特徴、トラス構造との関係について説明します。※大スパン建築、空間構造の意味は下記の記事が参考になります。

大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係

空間構造とは?1分でわかる意味、大スパン構造、シェルとの関係

張弦梁構造とは?

張弦梁構造とは、梁構造とケーブル構造を組み合わせた構造形式です。下図をみてください。張弦梁構造の一例です。

張弦梁構造

上図のように、上弦材の「梁」、下弦材のケーブル(引張材)、束材(圧縮材)で構成されます。各部材には軸力のみ生じるため、合理的に力を伝達できます。


ケーブル構造やアーチ構造は、支点に生じる水平力が問題です。水平力が大きいと、その処理が大変です。アーチ構造では、水平力を処理する方法として、「タイバー」が採用されます。


張弦梁構造は、引張材に生じる水平軸力が、上弦材に生じる水平軸力と釣り合います。よって、支点反力として大きな水平反力は生じません。張弦梁構造は、大スパン建築にも採用される構造形式です。※ケーブル構造、アーチ構造の意味は下記の記事が参考になります。

ケーブル構造の設計方法について

アーチの構造と仕組み

張弦梁構造の仕組み

下図に、張弦梁構造の各部材に生じる応力の流れを示しました。

張弦梁構造の仕組み

下弦材と上弦材の水平軸力がつり合い、反力が生じないと理解頂けたと思います。


また、下図のように上弦材をアーチ状、下弦材をケーブル状にして、間を束材で繋ぐ張弦梁構造もあります。アーチとケーブルに生じる水平反力は互いに逆方向なので、水平反力は生じません。

張弦梁構造とアーチ構造、ケーブル構造

※アーチ構造、ケーブル構造の特徴は下記の記事が参考になります。

アーチの構造と仕組み

ケーブル構造の設計方法について

張弦梁構造の特徴

張弦梁構造の特徴を下記に整理しました。


・外力を軸力で伝達するため、部材断面を小さくしやすい

・大きな水平反力が生じない

・大スパン建築に採用可能

・斬新なデザインにできる

張弦梁構造とトラス構造の関係

上弦材と下弦材、束材を組み合わせた構造形式に、トラス構造があります。張弦梁構造は三角形をつくらず成立しますが、トラスをつくると、より合理的な形状です。※トラス構造の仕組み、特徴は下記の記事が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

まとめ

今回は、張弦梁構造について説明しました。意味が理解頂けたと思います。張弦梁構造は、梁構造とケーブル構造を組み合わせた構造形式です。ケーブルと梁に生じる軸力が釣り合うので、大きな反力が生じません。また、各部材に生じる応力は軸力なので、力を合理的に伝達できます。大スパン建築にも採用されます。下記の記事も併せて参考にしてください。

ケーブル構造の設計方法について

大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 張弦梁構造とは?1分でわかる意味、仕組み、特徴、トラス構造との関係