1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 文系でも建築の仕事は可能?建築士になるおすすめの方法と、文系でも可能な仕事

文系でも建築の仕事は可能?建築士になるおすすめの方法と、文系でも可能な仕事

文系だけど「建築の仕事がしたい!」と考えていませんか?「でも理系の知識は無いし、本当に建築の仕事に就けるのか」と悩みますよね。そこで今回は、文系から建築業界に就職可能か、文系が建築士になるおすすめの方法(建築学科へいくこと)、文系でも可能な仕事について説明します。

文系でも建築の仕事は可能?

結論を言うと、文系の皆さんでも建築の仕事は可能です。


ただ、厳しいことをいえば、「全くの知識ゼロ」で建築業界への就職は難しいです。しかし不可能ではありません(本当に可能です)。諦めずに突き進んでください。実は僕も、途中で建築学科へ転科した組なので(土木学科でした)、お気持ちは良く分かるのです。


その経験を踏まえて言うと、建築のお仕事には「何があるのか」知っておくと良いです。自分が何をしたいのか、イメージが湧きますから。建築の職業は、建築士(建築設計をする人)だけじゃありません。下記の本が参考になります。

建築士の資格が活かせるお仕事ガイド (エクスナレッジムック)


「でも、数学や物理苦手なんですけど」と思う方は下記の記事も参考にしてください。建築のお仕事で、難しい数学、物理は一切不要です。

建築で数学は必要?現役設計者が教える必要な公式、範囲、物理との関係

文系でも建築士になるおすすめの方法

「全くの知識ゼロで建築業界への就職は難しい」と書きました。文系の方が建築の仕事をするには、「建築の専門知識を身に付ける」ことが必須です。専門知識を身に付ける方法は色々とありますが、僕のおすすめする方法は1位の方法です。

それぞれ説明します。

1.専門、短大、大学の建築学科へ入る

文系の方が、将来建築士として活躍するためには、「建築士の資格」が必要です。建築士は国家資格のため、受験資格の取得に長い年月を要します。


そこで「建築学科のある学校」へ入学をおすすめします。四年制大学の建築学科へ入学すれば、最短で2年の実務経験があれば一級建築士の受験資格が得られます(※但し、所定の授業および単位を満たす必要有)。


未経験者の場合(文系の方)、最短でも11年以上の建築業務の実務経験が必要です。これでは時間が掛かりすぎますね。


短大や専門学校でも良いですが、四年制大学卒業よりも実務経験年数が長く必要です。やはり私としては、大学の建築学科へ入ることをおすすめしたいです。


次に悩むのが、「じゃあ、どこの大学へ入ればいいの?」だと思います。建築に強い大学は本当に沢山あります。それを自分で検索して調べるのは大変ですよね。そこで私がおすすめする方法は、「一括資料請求サービス」です。建築学科のある大学の資料を一括で請求できるサービスですね。


一括資料請求サービスは、マイナビなどで有名なリクルート社が運営する「マイナビ進学」が最もおすすめです。もちろん利用は無料です。また、資料請求で、今なら図書カードが全員に当たるキャンペーン中!是非、下記のリンクから登録して資料を請求してみましょう!


また、建築学科に強い大学ランキングについては下記の記事が参考になります。

建築学科に強い大学ランキングと就職先、良い大学の調べ方

2位 専門、短大、大学で通信教育のある建築学科へ入る

2番目は、通信教育制のある建築学科へ入ること。通信制の学校でも所定の学歴が認められ、建築士受験の実務経験が短縮されます(※詳細は必ず各大学へお問い合わせください)。


ただ、e-ラーニングが基本なので「実際の目で建築物を見学する」「友人と切磋琢磨する」ことができません。


特に建築学科は、良い建築物を「自分の目でみる」ことが大切だと、覚えてください。

3位 文系のまま、未経験で建築系の会社へ就職する

文系のまま、建築業界へ就職することも可能です。ただ、文系のあなたを受け入れてくれる会社があるかが問題です。多くの場合、縁故入社(コネ)、人手が足りない個人会社、肉体労働系(職人)です。また業種も限られます。実際に私の知り合いも、文系から建築設計事務所に入社しましたが、親がその会社の社長でした。


文系のまま就職可能な業種を下記に示します(※確約するものではありません)。

設計の仕事は知的労働です。相応の知識が求められるので、文系の方を雇用する可能性は低いです。就職できても、雇用条件が悪い可能性があります。また、将来建築設計者、建築家として活躍したい方は一級建築士の資格が必要です。

スポンサーリンク
 

一級建築士は、普通高校出身(文系のまま)で取得する場合、最短でも11年以上の実務経験が必要です。ちなみに建築学科の大学を卒業すれば、1〜2年の実務経験に短縮できます。


文系のまま建築業界に就職、将来建築屋さんとして活躍するのは相当厳しくなります。


文系の方で、「建築の仕事はしない」けど、建築業界に入りたい方もいますよね。例えばゼネコンには、事務、経理、広報、営業など様々な「文系職」があります。私の友人は、ゼネコンの営業職に就職しました。


営業職は、理系の知識を必要としません。ただし、建築に対する熱意が無ければ簡単に就職できません。

というかたは、建設会社の文系職がおすすめです。主に下記の業種に、文系職があります。

文系から建築の仕事をするなら、大学の建築学科へ入学すること!

以上、文系から建築の仕事をする方法を説明しました。3つのケースがありますが、私は、断然1位の方法をおすすめします。下記のように、

から明らかです。大学へ行くのはお金がかかります。また、転科により留年が必要になるかもしれません。それでも11年の実務経験よりは良いと思います。


なにより、大学では沢山のことが学べます。授業だけでなく、建築サークルや建築好きな友達、最新の研究など刺激も多いです。


実は私も、元々は別学科でした。土木工学科です。理系だし、土木と建築は近そうで全然違います。水と油の存在です。


丁度、大学2年生と同じころ「将来、建築の仕事に関わりたいなあ」と思い転科しました。今では建築設計事務所で構造設計の仕事をしています。


そういった設計の仕事に関わることができたのも、「建築学科を卒業した」からだと思っています。


時間は有限です。あなたの目標に最短で近づくためにも、文系の方は一度建築学科へうつることをおすすめします。


「どの大学の建築学科が良いか」と、悩んでいる方は、色んな大学の資料を請求して調べてください。各大学を調べて資料請求は大変です。一括資料請求サービスを利用しましょう。

「マイナビ進学」が最もおすすめです。もちろん利用は無料です。是非、下記の公式サイトから資料請求しましょうね

また、下記の記事も参考になります。

建築学科に強い大学ランキングと就職先、良い大学の調べ方

まとめ

今回は、文系から建築業界への就職について説明しました。文系から、そのまま建築の仕事はできません。実務経験を積むか、大学の建築学科へ入りなおす必要があります。個人的には、後者(大学の建築学科へ入ること)がおすすめです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 文系でも建築の仕事は可能?建築士になるおすすめの方法と、文系でも可能な仕事