1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 構造力学を独学で勉強したい方におすすめ!当サイトの使い方と勉強方法
スポンサーリンク

構造力学を独学で勉強したい方におすすめ!当サイトの使い方と勉強方法

構造力学を独学で学びたい、と思っていませんか。学生時代は単位のために勉強した「構造力学」、一級建築士試験のために学び直しをする方が多いようです。当サイトは、構造力学や構造計算、鋼構造、鉄筋コンクリート造、基礎構造などが学習できるコンテンツが豊富です。そこで今回は、「構造力学を独学で学びたい」という方に、当サイトの使い方と勉強方法をご紹介します。


なお、構造力学の独学に使える授業カリキュラムを作成しました。今だけの無料プレゼントなので、メルマガ(無料)を登録してゲットしてください。※メルマガ登録は下記からできます。

限定メールマガジン公開中!今だけの無料会員登録はコチラから

構造力学の独学は可能?

結論からいうと「可能」です。もちろん知識ゼロの状態から、一級建築士の構造科目を合格ラインまでもっていくのは大変です。しかし、不可能ではありません。


特に注意したいのが、構造の


専門用語


です。


構造力学と聞くと、どうしても「計算」をイメージしがちです。しかし、一級建築士の計算問題は、パターン化されているので、さほど難しくありません。むしろ、文章問題がやっかいで、相当の知識(構造の専門用語の意味)を理解しないと、解けない問題ばかりです。


当サイトでは、そんな「建築の専門用語」の解説を行っています。


それでは、当サイトの効果的な使い方をご紹介します。

構造力学を独学で学ぶ勉強方法と当サイトの使い方

構造力学を独学で学ぶ方向けの勉強方法として、下記を提案します。


@ 構造力学の教科書を読む

A 理解できない専門用語を、当サイト(kentiku-kouzou.jp)で調べる(サイドバーの検索ボックスを使う)。

B 用語の意味を理解できたら、さらに読み進める


構造力学は積み重ねの学問です。「1」を着実に積み上げないと、正しい理解が得られません。1つの用語の意味も逃さず、丁寧に理解しましょう。


また、計算問題も理解が必要ですが、一級建築士の試験を合格するだけで良いなら、もっと簡単な方法があります。このあたり、メルマガで詳細に書いておりますので、今回は割愛します。

構造力学の独学に必要な3つのもの

構造力学の独学(上記の勉強法)に必要なものが3つあります。


@ 正統派の構造力学の参考書

A 構造力学の問題集

B パソコン(インターネット環境あり)


まず必要なのが、正統派の参考書です。大学で使う構造力学の教科書があれば良いでしょう。


※大学の教科書が苦手な方は、当サイトより作成した構造力学のカリキュラムがあります。今だけ無料進呈しておりますが、まずはメルマガ登録してゲットしましょう。

限定メールマガジン公開中!今だけの無料会員登録はコチラから


当サイトで製作した構造力学の授業カリキュラムの詳細は、下記をご覧ください。

構造力学を独学したいあなたへ。構造力学のカリキュラムを製作しました。


さて、注意したいのが、下記のような「基礎のきそ」を教える参考書です。

とても分かりやすいのですが、構造力学の基礎を習得するには、やや内容が不十分です。


2つ目に必要なのが、構造力学の問題集です。知識を定着させる、力学の計算を身に付けるには問題集の用意が必須です。例えば、下記の書籍がおすすめです。

3つめがパソコンです。これは、当サイトをご利用頂くためです。当サイトの利用は無料なので、インターネット環境さえあればOKです。

まとめ

今回は構造力学を独学で勉強する方法を紹介しました。構造力学を難しくしている要因が、専門用語の多さだと思います。構造力学は積み重ねの学問です。適当に勉強せず、丁寧に用語の意味を理解することが大切です。下記の記事も参考になります。

構造力学が苦手なあなたにおすすめする勉強法と本

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 構造力学を独学で勉強したい方におすすめ!当サイトの使い方と勉強方法