1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 断面とは?1分でわかる意味、図面、断面方向、断面図との関係

断面とは?1分でわかる意味、図面、断面方向、断面図との関係

建築物や物を、鉛直方向に切断したときの切り口です。なお、水平方向に切断したときの切り口を平面といいます。建築図面では、平面図、断面図が重要な図面です。断面図から、躯体の位置、建具の位置などがわかります。今回は、断面の意味、図面、断面方向、断面図との関係について説明します。※建築図面の種類には、下記があります。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

断面とは?

断面とは、建築物や物を鉛直方向に切断したときの切り口です。ホールケーキを切り分けると、クリームやスポンジ部分が見えますよね。これがケーキの断面です。


建築物は切断できません。よって、「どのような断面になるか」図面に表現します。これが断面図です。また、水平方向に切断したときの切り口を平面といいます。これを図面化したものが平面図です。


平面図と断面図は、建築図面で最も重要です。建築図面の詳細は、下記の記事が参考になります。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

断面図との関係

断面図は、建築物の断面を図面化したものです。断面図では


階高

躯体の位置

躯体の大きさ

部屋名

建具の位置

天井寸法

床の仕上げ


などを大まかに描きます。細かい寸法は表記しません。断面図を拡大し、各納まりを示した図面を矩計図(かなばかりず)といいます。詳細は、下記の記事が参考になります。

矩計図とは?

断面方向

建築物は、断面図の方向を示すとき


・方位で示す(南北断面図、東西断面図など)

・断面方向を示す


方法があります。方位で示す方法が一般的ですが、南北、東西の2方向しか、断面を示せません。複雑な建物になると、断面図が沢山必要なので、断面方向を示す方法も覚えてください。


下図をみてください。例えば、平面図に対して線を引き「A−A'」とします。先端は矢印記号を付けることが多いです。

断面図と断面方向

これは、A−A'方向に鉛直に切ったときの断面を示す、ことを意味します。さらに、矢印の向きにより、「見ている方向」を示すのです。上図は矢印が左を向いています。よって、左側を見た時の断面図です。

まとめ

今回は断面について説明しました。意味が理解頂けたと思います。断面は、建築物や物を鉛直方向に切断したときの切り口です。ケーキを切ったとき、クリームやスポンジの層が見えます。これが断面です。断面、平面の意味を覚えてください。また、建築物に、なぜ断面図が必要か理解しましょう。下記の記事も併せて参考にしてください。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 断面とは?1分でわかる意味、図面、断面方向、断面図との関係