1. HOME > 構造力学の基礎 > 鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

鉛直とは、糸の先に重りを垂らしたときの、糸の方向です。垂直は、ある方向に対して直角をなす方向です。鉛直の方向を、鉛直方向といいます。鉛直方向と直交する方向は、水平方向です。今回は、鉛直と垂直の違い、図での説明、鉛直方向と水平方向の違いについて説明します。似た用語で、鉛直荷重があります。詳細は、下記の記事が参考になります。

鉛直荷重とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、計算式、垂直荷重

水平荷重とは?1分でわかる意味、種類、求め方、単位、鉛直荷重との違い

鉛直と垂直の違いは?

鉛直と垂直の違いを下記に整理しました。


鉛直 ⇒ 糸の先に重りを垂らしたときの、糸の方向。重力の方向ともいえる

垂直 ⇒ ある方向に対して、直角をなす方向。水平面に対して垂直をなすとき、鉛直方向と同じとなる


上記の通り、鉛直と垂直の意味は明確に違います。


例えば、斜めの面(線)に対して垂直の方向と、鉛直の方向は違います。ただし、水平面に対しての垂直方向は、鉛直方向と同じです。


垂直は面や線の方向で変わりますが、鉛直方向は変わることが無いです。建築では、「鉛直」の用語を使います。

鉛直と垂直の図

鉛直と垂直を、下図に示しました。

鉛直と垂直

なお、鉛直と直交する方向を「水平」といいます。建築では、


鉛直

水平


が、方向を示す重要な用語です。鉛直方向に作用する荷重を「鉛直荷重」、水平方向に作用する荷重を「水平荷重」といいます。詳細は、下記の記事が参考になります。

鉛直荷重とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、計算式、垂直荷重

水平荷重とは?1分でわかる意味、種類、求め方、単位、鉛直荷重との違い

鉛直方向と水平方向の違い

鉛直方向と水平方向の違いを下記に整理しました。


鉛直方向 ⇒ 鉛直の方向(鉛直の定義は前述より)

水平方向 ⇒ 鉛直方向と直交する方向


私たちは、平衡感覚が崩れるだけで体調が悪くなります。床が傾くと、少しおかしな気分になりますよね。


よって建築物の床は、必ず「水平」につくります。また、建物は鉛直方向に建っています。建物が、ピサの斜塔のように斜めに傾いていたら、「危ない」と感じませんか。感覚だけでなく、実際に斜めに建つ建築物は、余分な応力が作用します。建築物は、鉛直に建てます。


鉛直と水平は、建築物にとって大切です。なお、ある基礎が沈下し傾くことを、不同沈下といいます。※不同沈下を起こすと、床は水平になりません。不同沈下の意味は、下記の記事が参考になります。

不同沈下とは?1分でわかる意味、原因、読み方、ひび割れの関係

まとめ

今回は鉛直と垂直の違いについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉛直は糸の先に重りを垂らしたときの方向です。垂直は、ある方向に対して直角の方向です。違いを理解してくださいね。また、鉛直方向と水平方向の違い、鉛直荷重、水平荷重など関連用語を覚えましょう。下記の記事も併せて参考にしてください。

鉛直荷重とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、計算式、垂直荷重

水平荷重とは?1分でわかる意味、種類、求め方、単位、鉛直荷重との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向