1. HOME > 構造計算の基礎 > 水平とは?1分でわかる意味、垂直との違い、水平方向、水平荷重との関係
スポンサーリンク

水平とは?1分でわかる意味、垂直との違い、水平方向、水平荷重との関係

水平(すいへい)とは、地球の重力と直交する方向です。水面のように平らな状態を意味します。建築物は鉛直(垂直)、水平に建てることが基本です。今回は水平の意味、垂直との違い、水平方向、水平荷重との関係について説明します。鉛直、垂直の意味は、下記が参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

水平とは?

水平(すいへい)とは、地球の重力と直交する方向です。糸の先端に重りをたらします。糸の方向は重力に従います。これが鉛直です。水平は鉛直と直交する関係にあります。下図をみてください。これが水平と鉛直です。

水平と鉛直

鉛直、鉛直方向の意味は下記が参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向


お近くの建築物やご自身の住まいをみてください。斜めに傾いたり、斜めの床は無いですよね。必ず建物は「鉛直」に建てられ、床は「水平」に造ります(例外もあります)。


特に、床が水平であることは私たちの健康にも影響します。水平でない床で生活すれば、気分が悪くなるでしょう。

水平の読み方

水平は「すいへい」と読みます。関係用語の読み方は下記です。


鉛直 ⇒ えんちょく

垂直 ⇒ すいちょく

平行 ⇒ へいこう

水平と垂直の違い

水平と鉛直の違いを下記に示します。


水平 ⇒ 重力と直交する方向。水面のように平らな状態。

鉛直 ⇒ 重力の方向。糸の先端に重りをつけて垂らしたときの糸の方向。


鉛直、鉛直方向の意味は下記が参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

水平と水平方向、水平荷重との関係

水平は建築物の設計、施工で重要です。建築物の構造設計では「水平方向の荷重(水平荷重または水平力)」を考慮します。


水平荷重の例として、下記があります。


地震力

風圧力


日本は地震大国のため、地震力による安全性の検討がとても重要です。下図をみてください。建物に地震力が作用しています。地震力は水平荷重です。

水平と水平荷重

水平荷重は建物を転倒させるような影響があります。また、建物が高くなるほど水平荷重による影響は大きくなります。


地震力、風圧力の意味は下記が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

まとめ

今回は水平について説明しました。意味が理解頂けたと思います。水平は、重力の方向と直交する方向です。鉛直方向に直交する方向ともいえます。水平の意味、鉛直(垂直)との違い、水平荷重の種類など覚えましょう。下記の記事も参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 水平とは?1分でわかる意味、垂直との違い、水平方向、水平荷重との関係