1. HOME > 構造計算の基礎 > 平行とは?1分でわかる意味、水平、垂直、並行との違い、建築物、曲線との関係
スポンサーリンク

平行とは?1分でわかる意味、水平、垂直、並行との違い、建築物、曲線との関係

平行とは、2つの線が交わらないことです。平行な線は、2つの線をどこまで伸ばしても交わることは無いです。今回は、平行の意味、水平、垂直、並行との違い、建築物、曲線との関係について説明します。水平、垂直の意味は、下記が参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

平行とは?

平行とは、2つの線が交わらないことです。下図をみてください。平行の例を示しました。下図の線は、どこまで延長しても交わることは無いです。

平行

どちらかの線が、少しでも傾けば平行ではなくなります。線を延長すれば、いずれ2つの線が交わるからです。


ただし、平行な線は必ずしも「直線」である必要は無いです。曲線や斜めの線でも平行になります。例えば、下図の2つの斜め線は、どこまで延長しても交わらないです。よって平行な線です。

平行と水平、垂直、並行との違い

平行、水平、垂直、並行の違いを、下記に示します。


平行 ⇒ 2つの線が、どこまで延長しても交わらないこと

水平 ⇒ 重力の方向に直交する方向

垂直 ⇒ 重力の方向

並行 ⇒ 並んで進むこと


下図をみてください。水平と垂直の方向を示します。

水平と垂直

なお、水平な2つの線は必ず平行となります。垂直な2つの線も同様です。水平、垂直方向は、下記の記事も参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

平行の読み方

平行は、「へいこう」と読みます。関係用語の読み方を下記に示します。


水平 ⇒ すいへい

垂直 ⇒ すいちょく

平行と曲線の関係

直線でなくても、「平行」は成り立ちます。下図をみてください。2つの曲線が交わることなく続きます。2つの線を伸ばしても交わることが無いです。よって平行ですね。これを平行曲線といいます。

平行と建築物の関係

建築物は、水平、垂直、平行になるよう造ります。普段の生活で、床の傾き、柱の傾きはあってはいけません。傾いた床で生活すれば、平衡感覚を失い体調不良を起こすでしょう。建築物の外観は曲線を活かすこともありますが、室内(内部空間)は平行、水平、垂直が原則です。

まとめ

今回は平行について説明しました。意味が理解頂けたと思います。平行は、2つの線が交わらないことです。水平、垂直の意味も理解しましょう。下記の記事も併せて勉強しましょうね。

水平荷重とは?1分でわかる意味、種類、求め方、単位、鉛直荷重との違い

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 平行とは?1分でわかる意味、水平、垂直、並行との違い、建築物、曲線との関係