1. HOME > 構造計算の基礎 > 鉛直距離とは?1分でわかる意味、垂直距離との違い、水平距離との関係

鉛直距離とは?1分でわかる意味、垂直距離との違い、水平距離との関係

鉛直距離とは、鉛直線上にある2点間の距離です。水平線上にある2点の距離を水平距離といいます。鉛直とは、糸の先に重りを垂らしたときの方向です。重力の方向ともいえます。今回は、鉛直距離の意味、垂直距離との違い、水平距離との関係について説明します。鉛直、垂直の意味は、下記の記事が参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

鉛直距離とは?

鉛直距離とは、鉛直線上にある2点間の距離です。下図をみてください。この長さが鉛直距離です。

鉛直距離

建築物は、鉛直かつ水平になるよう造ります。床は水平でないと物が転がりますし、平衡感覚を失い、気分を害します。壁や柱は鉛直でないと倒れる可能性があります。鉛直でない建物をみると、不安な気持ちになるでしょう。


よって、建築の実務では鉛直と水平の方向が大切です。鉛直距離の例として、下記があります。


階高

天井高


階高は、建物の階の高さです。階高の意味は、下記の記事が参考になります。

1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味


天井高は、床天端から天井下端までの距離です。建築基準法では、天井高を最低2.1m確保する必要があります。天井高の意味は、下記の記事が参考になります。

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法


階高、天井高ともに、鉛直距離で測り、所定の距離を満足する必要があります。

鉛直距離と垂直距離の違い

鉛直距離と垂直距離の違いを下記に整理しました。


鉛直距離 ⇒ 鉛直線上の2点間の距離

垂直距離 ⇒ 垂直線上の2点間の距離


鉛直距離と垂直距離を下図に示します。鉛直と垂直で意味が違いますね。

鉛直距離と垂直距離

鉛直、垂直の違いは下記の記事も参考にしてください。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向

鉛直距離と水平距離の関係

鉛直距離と水平距離を下図に示します。

鉛直距離と水平距離

前述したように、建築物は鉛直と水平の方向が大切です。


建築物の鉛直距離に、「階高」があります。水平距離として「スパン」があります。階高とスパンは、建築物の大きさを決める基本的な値です。この2つは是非覚えてください。階高、スパンは下記の記事が参考になります。

1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味

スパンとは何か?

まとめ

今回は鉛直距離について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉛直距離は、鉛直線上にある2点間の距離です。建物は、鉛直と水平の方向が最も大切です。鉛直距離を測ることも多いので、ぜひ理解しましょう。併せて水平距離、垂直距離との違いも覚えてくださいね。鉛直と垂直の違いは、下記の記事も参考になります。

鉛直と垂直の違いは?1分でわかる意味、図の説明、鉛直方向、水平方向


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 鉛直距離とは?1分でわかる意味、垂直距離との違い、水平距離との関係