1. HOME > 構造力学の基礎 > 静定骨組とは?1分でわかる意味、骨組みの関係、静定、不静定の関係

静定骨組とは?1分でわかる意味、骨組みの関係、静定、不静定の関係

静定骨組(せいていほねぐみ)とは、力のつり合い条件だけで反力や応力が算定できる組まれた構造部材(骨組み)です。似た用語に、不静定骨組があります。今回は静定骨組の意味、骨組みの関係、静定、不静定の関係について説明します。静定、不静定、骨組みの意味は、下記が参考になります。

静定構造物と不静定構造物の違いと特徴

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

静定骨組とは?

静定骨組(せいていほねぐみ)とは、力のつり合い条件だけで反力や応力が算定できる構造部材(骨組み)です。下図をみてください。これが静定骨組です。

静定骨組

静定骨組には下記があります。


静定ラーメン

静定トラス

静定梁


詳細は下記が参考になります。

静定ラーメンの解法

静定トラスとは?

静定梁とは?


また、力のつり合い条件だけで解けない骨組みを、不静定骨組みといいます。不静定骨組みの意味は、下記が参考になります。

静定構造物と不静定構造物の違いと特徴


静定骨組は、構造計算が簡単な一方、冗長性が無いデメリットがあります。例えば1つの支点が壊れると、不安定になり構造物として成立しません。冗長性、安定、不安定の意味は下記が参考になります。

冗長性とは?1分でわかる意味、読み方、建築での使い方、冗長性を持た

不安定構造物とは?

静定骨組の読み方

静定骨組は、「せいていほねぐみ」と読みます。その他の読み方は下記です。


静定 ⇒ せいてい

不静定 ⇒ ふせいてい

骨組 ⇒ ほねぐみ

不静定骨組 ⇒ ふせいていほねぐみ


静定、不静定、骨組みの意味は、下記が参考になります。

静定構造物と不静定構造物の違いと特徴

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

静定骨組、静定、不静定の関係

静定骨組は、下図に示すように静定な骨組みです。

静定骨組

一方、不静定骨組は下図に示す骨組みです。

不静定骨組み

力のつり合い条件式だけで反力を求められない骨組みが不静定骨組です。静定骨組と見比べて違いが分かるでしょうか。例えば下図をみてください。

3ヒンジラーメン

上図の骨組みは「静定骨組み」です。支点の反力数は4つですが、ヒンジによりつり合い式が1つ増え静定となります。3ヒンジラーメンの意味は、下記が参考になります。

3ヒンジラーメンの解き方と、反力の求め方


機械的に静定、不静定を判断する方法として「判別式」があります。判別式の意味は下記が参考になります。

不安定構造物とは?1分でわかる意味、判別法、反力との関係、安定構造

まとめ

今回は静定骨組について説明しました。意味が理解頂けたと思います。静定骨組は、力のつり合い条件だけで解けない骨組みです。静定、不静定、骨組みの意味を理解しましょう。下記の記事も参考になります。

静定構造物と不静定構造物の違いと特徴

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

あなたにおすすめの記事

更新情報

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 静定骨組とは?1分でわかる意味、骨組みの関係、静定、不静定の関係