1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称

建築の骨組みとは、組まれた構造部材を意味します。各部材を接合することを「組む」といいます。組まれた構造部材は、建築物を支える「骨」です。よって骨組みといいます。今回は建築の骨組みの意味、骨組みを構成する部材の名称について紹介します。

建築の骨組みとは?

建築の骨組みとは、組まれた構造部材で、人間でいう骨格です。骨は人間の体を支えています。同様に骨組は、建築物を支えています。


「組まれた」とは、接合されたという意味です。柱と梁は、異なる構造部材です。「骨」を「組む」ので、「骨組み」です。


骨組みは、架構ともいいます。※架構については下記の記事が参考になります。

架構とは?1分でわかる架構の意味、読み方、種類、ラーメン架構


下図をみてください。ラーメン構造といいます。柱と梁を接合して、骨をつくります。

ラーメン構造

単純な高層建築物の場合、上図の骨を積層させます。すると下図になります。

高層建築物の骨組み

ずっと「骨組みらしく」なりましたね。


骨組みは人間の骨と同様に、建築物で最も重要な部位です。骨組みに、天井や外壁などの仕上げ材を取り付けて、建物の形になります。


建築の骨組みと似た用語を下記に整理しました。

・鉄骨造

・あばら筋


「鉄骨造」という用語から、鉄による骨組みだと想像できます。鉄骨造のほうが、より「骨組み」という用語を使う印象です。


また「あばら筋」という用語は、人間のあばら骨と、梁のせん断補強筋の形が似ていることからつけられた名称です。


※あばら筋については下記の記事が参考になります。

骨組みと名称

骨組みを構成する各部材には名称があります。簡単な部材について説明します。下図をみてください。

骨組みと名称

木造の場合、骨組みの部材名称が細かく分かれていますが、大枠は下記の部材です。

・柱―鉛直方向の骨

・梁―水平方向の骨

・筋交い(ブレース)―斜め方向の骨


柱は鉛直方向の骨、梁は水平方向の骨です。筋交いは、斜め方向の骨です。基本的に、骨組みはこの3つでつくられます。

まとめ

今回は骨組みについて説明しました。建築の骨組みは、人間の骨格と同じ役割と考えれば覚えが速いです。骨組みの各名称ですが、大まかな3つだけ覚えておきましょう。他名称は、これらの派生したものです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築の骨組みとは?1分でわかる意味、名称