1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 設計事務所とは?1分でわかる意味、仕事内容、給料、大手

設計事務所とは?1分でわかる意味、仕事内容、給料、大手

設計事務所とは、建築設計(意匠設計、構造設計、設備設計など)を行う会社のことです。意匠、構造、設備など、総合的に設計業務を行う事務所を、組織設計事務所といいます。また、建築家と呼ばれる方が構える設計事務所を、アトリエ系設計事務所ともいいます。今回は、設計事務所の意味、仕事内容、給料、大手設計事務所について紹介します。


※建築設計の仕事の意味は、下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

設計事務所とは?

設計事務所は、建築設計を専門に行う会社のことです。建築設計には、意匠設計、構造設計、設備設計があります。各専門分野に特化した設計事務所もあれば、全ての分野を総合的に行う設計事務所もあります。


例えば、構造設計に特化した事務所を「構造設計事務所」といいます。意匠、構造、設備を総合的に行う設計事務所が、組織設計事務所です。


意匠設計に特化した設計事務所は、単に「設計事務所」ということが多いです。ただし、建築家と呼ばれる方の事務所を、アトリエ系設計事務所ともいいます。


設計事務所は、個人経営の会社が多いです。一方、組織設計事務所は一般的な会社に近い業務形態です。なお、大手の組織設計事務所は、給料、入社難易度など大企業並みです。

設計事務所の読み方

設計事務所は、「せっけいじむしょ」と読みます。なお、構造設計を専門とする事務所は、「構造設計事務所」といいます。関連する用語の読み方を、下記に整理しました。


構造設計事務所 ⇒ こうぞうせっけいじむしょ

設備設計事務所 ⇒ せつびせっけいじむしょ

組織設計事務所 ⇒ そしきせっけいじむしょ

設計事務所の仕事内容

設計事務所の仕事内容は、各分野で違います。全般的にいえることは、


設計図の作成、各種計算、書類・資料作成


などです。意匠設計なら、意匠図の作成は必須です。また、面積計算など建築物の設計で必要な計算を行います。建築基準法を順守するよう、書類作成を行うのも重要な業務です。また、上記に加えて、プレゼンテーションを行うための資料作成もあります。


デスクワークが基本ですが、設計を終えた建築物の「監理」のため、現場へ行く場合も多いです。

設計事務所の給料

設計事務所の給料を下記に示します。なお、下記は日建設計の初任給です。


大学院(修士)卒 ⇒ 278,200円(2018年度実績)

大学卒      ⇒ 248,200円(2018年度実績)


初任給を見てわかるように、企業規模は大きくないものの、大企業並みに給料が高いとわかります。

設計事務所の大手

大手設計事務所として、下記があります。


日建設計

山下設計

久米設計

日本設計

三菱地所設計

NTTファシリティーズ


特に日建設計は、日本の建築設計業界トップで、最も優れています。組織的に安定している一方で、扱う物件の数、質ともに高く、誰もが憧れる設計事務所でしょう。

まとめ

今回は設計事務所について説明しました。意味が理解頂けたと思います。設計事務所は、建築設計を行う会社です。各分野を専門的に行う設計事務所もあれば、意匠、構造、設備を総合的に行う組織設計事務所もあります。建築設計の意味、構造設計の仕事内容を詳しく知りたい方は、下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

構造設計は、どんな仕事なの?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 設計事務所とは?1分でわかる意味、仕事内容、給料、大手