1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

建築設計は、建築物の意匠、構造、設備分野の各設計を総称した言葉です。ただ、実務では意匠設計、構造設計、設備設計という用語を使うことが多いです。今回は建築設計の意味、土木設計との違い、建築設計に必要な資格、仕事内容について説明します。※構造設計については下記が参考になります。

構造設計と構造計算 その違いとは?

建築設計とは?

建築設計とは、建築物の意匠設計、構造設計、設備設計を総称した言葉です。一般の方が「建築設計」ときくと、建築物の外観デザインや内装の設計をイメージされます。しかし、外観、内装のデザインは建築設計の1つに過ぎません。また、これらは「意匠設計」に該当します。


下図に建築設計と、各分野の設計の関係を示しました。

建築設計と各分野の設計


意匠設計者は、建築設計全体を纏める「リーダー的存在」です。お施主さま(お客さま)との打合せ、構造、設備間の調整なども担当します。構造、設備の設計者は、客前に表立つことが無いので、あまり目立たない存在です。また構造設計、設備設計という存在を知らない人も多いのです。

建築設計と土木設計の違い

建築設計と土木設計の違いを下記に整理しました。


建築物の定義は、下記の記事が参考になります。

建築物とは?1分でわかる定義、建物との違い、フェンス、物置

建築設計の仕事内容

建築設計の仕事は、前述した3分野に分かれます。


意匠設計は、建築物の外観、内観だけでなく、動線計画(廊下や部屋の配置を考えること)、建築物としての使い易さ、周辺環境への配慮など、本当に沢山のことを考えます。また、設計だけでなく、構造、設備分野との調整も行いますし、打合せや、現地測量など、設計以外の業務もこなします。


構造設計は、建築物の安全性を考える仕事です。詳しくは、下記の記事が参考になります。

構造設計と構造計算 その違いとは?


設備設計は、建築物の機械設備、電気設備などの計画を考えます。例えば、必要な空調機械の大きさを決めること、配管計画などです。簡単に言うと、室内環境(人が快適に過ごせる環境)を考える仕事です。

建築設計に役立つ資格

建築設計に役立つ資格を下記に整理しました。


最も必要とされる資格が、一級建築士です。一級建築士を取得することで、建築物の規模に関係なく設計可能です。二級建築士の資格をとると、住宅規模の建築物が設計可能です。将来住宅設計メインにしたい方は、二級建築士のみでも一応通用します。

まとめ

今回は建築設計について説明しました。意味が理解頂けたと思います。一般の方には、建築設計と意匠設計の違いを混同する方がみえます。ある意味正解ですが、意匠設計、構造設計、設備設計と各分野にスペシャリストがいることを覚えてくださいね。また、意匠設計者が、構造、設備をまとめるリーダー的存在だと理解してください。※下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

構造設計と構造計算 その違いとは?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格