1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造設計は、どんな仕事なの?

構造設計は、どんな仕事なの?

・地味な仕事の構造設計

建築設計業界の中で非常に人数が少ないといわれている分野、それは構造、設備です。その反対に一番多い分野というのが、「意匠設計」となります。意匠設計という仕事が何をするのかご存知だと思いますが、一番代表的な仕事といえば「建物のデザイン」ですね。何も無い真っ白な用紙に線を引き、建物を想像するのが意匠設計者です。そんな、クリエイティブでお洒落な存在ですから建築学科で人気があるのもわかります。


一方、構造というのは地味で目立たない。メディアに出ることも、ほとんど無いわけですから、構造設計の仕事というと、一般の方々はほとんど何も知りません。ただし、ここ最近、ようやく「耐震」という言葉が普及しているように思いますが、その耐震設計は、建築家がしていると思っている人がほとんどのようです。


それはある意味でしょうがないのです。なぜなら一般的に、お施主さん(建物を建てたい人。お客さん)とコミュニケーションをとるのは意匠設計者(いわゆる建築家)です。彼らが、建物のデザインを考えて、構造・設備の情報を統括します。個人的には、プロジェクトのチームリーダー的な存在であると考えています。


構造・設備の情報を統括するのは、最終的に建築家ですから、お施主さんに「この建物はこういう構造形式になります」と伝えるのも建築家です。だから、一般の方々にはそもそも構造設計者との接点がありません。よって、建築物の構造設計も何から何まで全部、「建築家がやっている」と思うのです。

スポンサーリンク
 

・情報も得られにくい

さて、建築学科の学生である皆さんは、さすがにそこまで知識が無いわけではありませんね。建物の構造設計は構造設計者が行っているという当たり前は理解しているはずです。


しかし、先程述べたように構造設計に進む人というのは非常に少ないというのが事実です。元々、構造設計の分野に進む人が少ないわけですから、OBからの情報や、インターネットでも構造設計事務所の実態が中々情報として伝わっていないことがあります。


また、ゼネコンの構造設計に進むのか、組織設計の構造設計なのか、個人設計事務所で働くのかなどの選択肢があります。特に、個人事務所ですと、普通の構造設計事務所の他、アトリエ系と呼ばれる(佐々木さんとか、金箱さんとか)デザイン的に優れた建築物の設計を扱っている事務所もあります。もちろん、それぞれの違いはありますが、ここでは「構造設計の仕事」とは何か?纏めてみました。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造設計は、どんな仕事なの?