1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築物の層とは?1分でわかる意味、階との違い、使い方、構造計算との関係

建築物の層とは?1分でわかる意味、階との違い、使い方、構造計算との関係

建築物の層とは、床の総称です。また、床と床の間の空間を「階」といいます。「層」と「階」は、建築の仕事をする方なら必ず理解すべきです。今回は、建築物の層の意味、階との違い、層の使い方、構造計算との関係について説明します。

建築物の層とは?

建築物の層とは、床のことです。下図をみてください。3階建ての建物です。この建物は、「何層」あるでしょうか。答えは、4層です。層は「床」と同じ意味です。1階の床から1層と始まり、3階の屋根が4層目になります。

層

厳密には、屋根と床は違いますが、屋根も「層」に含めます。

層と階の違い

層と階の違いを、下図に示しました。層は床のことでした。階は、層と層の間にある空間を意味します。よって、階と層の数え方は違います。3階建ての場合、4層あります。5階建てなら6層です。

層と階の違い

混同しやすいので、注意してください。

層と構造計算の関係、層の使い方

建築物の構造計算をするとき、「階」よりも「層」が重要です。建物の構造部材は、床下(屋根下)や外壁周りに集中するからです。


例えば、


大梁

小梁

スラブ


などは、層の位置にある部材です。階ではなく、層で考える方が、構造計算は都合が良いのです。建築物の構造部材を示した「構造図」に、伏図と軸組図があります。


伏図は、主に床や屋根などの「層」にある部材を表記します。伏図の意味は、下記の記事が参考になります。

伏図ってなに?1分で分かる伏図の種類と見かた


また、建築物の振動性状を解析する方法に、時刻歴応答解析があります。※詳細は、下記の記事が参考になります。

建物の応答解析って何?応答解析の歴史を知る5つのTIPs


時刻歴応答解析では、建物の各層を質点(質量のみをもつ点)に置き換え計算します。上部構造の振動性状を解析する場合、2層目から質点に置き換えます。


6階建なら6質点のモデルです。これを多質点系モデルといいます。※多質点系は下記の記事が参考になります。

耐震設計の基礎−多質点系の振動方程式−

まとめ

今回は、層について説明しました。意味が理解頂けたと思います。まずは、階と層の違いを理解しましょう。混同する方は、「床」を層と考えてくださいね。また、構造計算では階よりも「層」が重要です。階数を聞いて、「何層の建物か?」理解しましょう。余裕がある方は、振動解析の質点系も勉強しましょう。下記の記事が参考になります。

質点とは?1分でわかる意味、質点系、運動方程式との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築物の層とは?1分でわかる意味、階との違い、使い方、構造計算との関係