1. HOME > 構造計算の基礎 > 伏図ってなに?1分で分かる伏図の種類と見かた

伏図ってなに?1分で分かる伏図の種類と見かた

伏図をご存知でしょうか。伏図は構造図の1つです。また意匠図にも伏図があります。今回はそんな伏図の種類と、伏図の見方について説明します。

伏図の見方

構造図の最も重要な図面が伏図です。というのも、昔の構造図は軸組図や詳細図を描かないことも多かったのですが、伏図は必ず描いていました。それだけ重要な図面、ということです。


伏図の見方を下記のポイントに示しました。

です。


下図を見てください。これは伏図を模式的に示しました。このように、柱と梁の位置が平面的に示してあります。

伏図を見るときは、まず通り芯間距離やスパンを確認することです。X、Y方向共に寸法が明記してあります。通り芯やスパンに関しては、下記の記事が参考になります。


これらの寸法を読み取ることで、建物の大体の大きさや梁の長さがわかります。次に、柱符号と梁符号をみましょう。柱符号は「C○」は柱を意味します。「G○」は梁です。「B○」は小梁、「P○」は間柱です。


伏図は軸組図と違い、建物の平面的な部材を表示します。よって、軸組図にはない「スラブ(床)」を表示します。スラブ符号は「S○」と表示されます。スラブ符号と共に、スラブレベルを確認します。スラブレベルを読み取ることで、床の高さ方向の位置が分かります。


※軸組図に関しては、下記の記事が参考になります。


一般的に、ハッチングでスラブレベルは表示します。


次に梁レベルを確認しましょう。梁レベルはスラブレベルと同じようにハッチングで表示するか、直接レベルを描きこむこともあります。


以上、伏図の見方を説明しました。但し、構造図にはさまざまな種類の伏図があります。

伏図の種類

ここでは色々な伏図の種類について説明しましょう。

基礎伏図

基礎伏図は、杭や直接基礎の大きさを示す伏図です。基礎の芯や柱との位置関係、杭の芯や本数などを表示します。

梁伏図

梁伏図と言いつつつ、柱位置やスラブも表記します。最も基本的な伏図なので、符号はもちろんですが、スラブレベルや梁レベルなどさまざまな情報を描き込みます。最も情報量が多くなる図面です。

天井伏図(意匠図)

天井の仕上げを表す図面です。単に「伏図」といえば、構造図の伏図を意味しますが、意匠図にも天井伏図や屋根伏図のように、「〜伏図」もあります。

まとめ

今回は伏図について説明しました。伏図は構造図の中でも、最も情報量の多い図面です。描き込みが多いので、驚きますがポイントを押さえておけば大したことありません。要するに、部材の符号と、部材のレベル関係を示した図面です。


但し、伏図だけを見ても建物の立体的なイメージは湧いてきません。必ず軸組図との関係性を押さえておきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 伏図ってなに?1分で分かる伏図の種類と見かた