1. HOME > 数学の基礎 >半直線とは?1分でわかる意味、どっちが伸びる?書き方、線分、直線との違い
スポンサーリンク

半直線とは?1分でわかる意味、どっちが伸びる?書き方、線分、直線との違い

半直線(はんちょくせん)とは、片方が1点を端として、もう一方が1点を通り延々と伸びる真っすぐな線です。半分が直線、もう半分が線分のような真っすぐな線です。今回は半直線の意味、半直線のどっちが伸びるか、書き方、線分、直線との違いについて説明します。直線、線分の詳細は下記が参考になります。

直線とは?1分でわかる意味、定義、線分との違い、直線の式と傾きの関係

線分とは?1分でわかる意味、長さの求め方、点、直線、半直線との違い

半直線とは?

半直線(はんちょくせん)とは、片方が1点を端として、もう一方が1点を通り延々と伸びる真っすぐな線です。下図をみてください。これが半直線です。


半直線


「半直線」という名前の通り、「半分が直線」でもう半分が「線分」の性質を持ちます。直線、線分の詳細は下記が参考になります。

直線とは?1分でわかる意味、定義、線分との違い、直線の式と傾きの関係

線分とは?1分でわかる意味、長さの求め方、点、直線、半直線との違い

スポンサーリンク

半直線はどっちが伸びる?半直線の書き方

下図をみてください。半直線ABと書く場合、Bのほうに線が延々と伸び、A点が端になります。


半直線AB


一方、半直線BAの場合、Aのほうに線が延々と伸び、B点が端です。


半直線BA


AB、BAの書き方で、半直線の意味が全く違うので注意しましょう。覚え方ですが、半直線〇□のとき、□側(右側)にある点側で線が延々と伸びると考えてください。

半直線と線分、直線の違い

直線と線分の違いを下記に示します。


直線 ⇒ 2点を通り、両方が延々に伸びる真っすぐな線

線分 ⇒ 2点を通り、その2点を両端(りょうはじ)とする真っすぐな線

半直線 ⇒ 一方は延々に伸び、もう一方はある点を端とする真っすぐな線


下図をみてください。直線と線分、半直線の違いを示します。


直線と線分、半直線の違い


また、前述したように半直線には2つの書き方があることも忘れないでください。

まとめ

今回は半直線について説明しました。意味が理解頂けたと思います。半直線とは、1点を端として、もう一方がある点を通り延々と伸びる真っすぐな線です。直線と線分の中間的な線だと覚えてください。直線、線分の詳細は下記が参考になります。

直線とは?1分でわかる意味、定義、線分との違い、直線の式と傾きの関係

線分とは?1分でわかる意味、長さの求め方、点、直線、半直線との違い

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 数学の基礎 >半直線とは?1分でわかる意味、どっちが伸びる?書き方、線分、直線との違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事