1. HOME > 数学の基礎 >直線とは?1分でわかる意味、定義、線分との違い、直線の式と傾きの関係
スポンサーリンク

直線とは?1分でわかる意味、定義、線分との違い、直線の式と傾きの関係

直線(ちょくせん)とは、2点を通り両方が延々に伸びる真っすぐな線です。延々に伸びるので直線には「端(はし)」が無いです。なお、実社会では「直線」を「線分」と混同して使うことも多いです。似た用語で「半直線」があります。半直線は、片方が延々に伸びますが、もう片方は端が決まっています。今回は直線の意味、定義、線分との違い、直線の式と傾きの関係について説明します。半直線、線分の意味は、下記が参考になります。

半直線とは?1分でわかる意味、どっちが伸びる?書き方、線分、直線との違い

線分とは?1分でわかる意味、長さの求め方、点、直線、半直線との違い

直線とは?

直線(ちょくせん)とは、2点を通り両方が延々に伸びる真っすぐな線です。下図をみてください。これが直線です。


直線


点A、Bを通り、その両方は延々と伸びます(※便宜上、両端で止まっていますが、これは延々に伸び続けます)。


なお、上図の通り直線は2点を必ず通ります。しかも、特定の2点を通る直線は「1つ」だけです。


似た用語に、半直線と線分があります。詳細は下記が参考になります。

半直線とは?1分でわかる意味、どっちが伸びる?書き方、線分、直線との違い

線分とは?1分でわかる意味、長さの求め方、点、直線、半直線との違い


なお、実社会では「直線」と「線分」を混同して使うことが多いです。例えば、物の設計図を描くとき「直線を引く」といいます。厳密にいうと「線分」を引くが正しいです。「直線を引く」では、「延々に伸びるまっすぐな線」という意味になるからです。

スポンサーリンク

直線の定義

直線とは、


2点を通り両方が延々に伸びる真っすぐな線


です。

直線と線分、半直線の違い

直線と線分の違いを下記に示します。


直線 ⇒ 2点を通り、両方が延々に伸びる真っすぐな線

線分 ⇒ 2点を通り、その2点を両端(りょうはじ)とする真っすぐな線

半直線 ⇒ 2点を通り、一方は延々に伸び、もう一方はある点を端とする真っすぐな線


下図をみてください。直線と線分、半直線の違いを示します。


直線と線分、半直線の違い

直線と線分、半直線の違い2

直線の式と傾きの関係

直線は、下図に示すように傾くこともあります。傾きのある直線の方程式は


y=ax


で表します。※aは傾き、yは縦方向の座標、xは横方向の座標です。


直線の式と傾き


直線の式と傾きの詳細は、下記が参考になります。

直線の方程式は?1分でわかる求め方、傾き、切片との関係、書き方

まとめ

今回は直線について説明しました。意味が理解頂けたと思います。直線(ちょくせん)は、2点を通り、両方が延々に伸びる真っすぐな線です。よって直線には「端(はし)」が無いです。直線と線分、半直線の違いも理解しましょう。下記が参考になります。

線分とは?1分でわかる意味、長さの求め方、点、直線、半直線との違い

半直線とは?1分でわかる意味、どっちが伸びる?書き方、線分、直線との違い

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 数学の基礎 >直線とは?1分でわかる意味、定義、線分との違い、直線の式と傾きの関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事