1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 構造家とは?1分でわかる意味、構造設計者との違い、本、アトリエ構造設計事務所との関係
スポンサーリンク

構造家とは?1分でわかる意味、構造設計者との違い、本、アトリエ構造設計事務所との関係

構造家(こうぞうか)とは、構造設計者の中でも作家性の強い構造設計を行う人たちです。代表的な構造家として、佐々木睦郎さんがいます。代表作は色々ありますが、仙台メディアテークで日本建築学会賞を受賞されました。ちなみに建築家は伊藤豊雄さんです。今回は構造家の意味、構造設計者との違い、おすすめの本、アトリエ構造設計事務所との関係について説明します。構造設計者の成り方など、下記も参考になります。

構造設計者に成るための就職先について

どうすれば構造設計者になれる?実務経験と資格について

構造家とは?

構造家(こうぞうか)とは、構造設計者の中でも作家性の強い構造設計を行う人たちです。「作家性」とは、作品として世に残る個性といえます。構造設計は、誰がやっても同じ結果になる訳では無いです。逆に、構造設計者1人1人で全く違います。


その中でも構造家は、他の構造設計者に無いアイディア、問題解決方法で、構造設計を行います。例えば、有名な構造家に佐々木睦郎さんがいます。代表作は仙台メディアテークで、日本建築学会賞を受賞されました。


仙台メディアテークの主要な構造部材は、チューブと呼ばれる鋼管を組み合わせた柱です。これは佐々木睦郎さんでないと思いつかなかった方法で、「独自の個性」が強く表れています。これが作家性です。また、構造家による構造設計は、建築物のデザインにも大きく影響を与えることがあります。


仙台メディアテーク、佐々木睦郎さんのことを詳しく知りたい方は、下記の書籍が参考になります。

構造・構築・建築 佐々木睦朗の構造ヴィジョン

構造家と構造設計者の違い

構造家と構造設計者の違いを、下記に示します。


構造家 ⇒ 作家性の強い構造設計者。構造家の設計する建築物は作品として世に残る。

構造設計者 ⇒ 構造設計を行う者。作家性は強くない。


構造家の特徴は、下記の書籍も参考になります。

構造家のおすすめ本

構造家のおすすめ本ですが、まずは佐々木睦郎さんの書籍がおすすめです。

佐々木睦郎氏のヴィジョン、考え方を実際の作品を通して解説された1冊。構造設計を目指す学生は必見。


フラックス・ストラクチャー

佐々木睦郎氏の作品、論文が掲載された著作です。構造家の独特の観点、考え方がわかります。構造設計者を目指したくなる1冊です。


構造設計の詩法―住宅からスーパーシェッズまで (住まい学大系)

構造設計の視点から、現代建築を理解し直すことが目的の本。ガウディ、フラー、ミース、カーンなど、有名建築家の建築物を構造的に解説した1冊。古い本なので書店に無いかもしれません。

構造家とアトリエ構造設計事務所との関係

では、「構造家になるには?」と思う方もいますよね。構造家になる方の多くは、構造家のいるアトリエ系構造設計事務所に就職します。要するに、有名構造家が主宰する構造設計事務所のことです。


アトリエ系構造設計事務所は、一般的な就活募集をしないことも多く、研究室の先生などからツテで採用されるケースもあります。そのため、HPを持っていない構造家の方もいます。情報収集は常に行う必要があるでしょう。


なお、下記の書籍は若手構造家による、アトリエ系構造設計事務所の働き方がわかる1冊です。こちらの書籍を参考に、就職情報を収集するのも有りですね。

まとめ

今回は構造家について説明しました。意味が理解頂けたと思います。構造家は、作家性の強い構造設計を行う人たちです。有名な構造家として佐々木睦郎さんがいます。佐々木さんの事務所出身の若手構造家も多いです。構造家を目指したくなった方は、下記の書籍を是非読んでください。若手構造家の働き方などがわかりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 構造家とは?1分でわかる意味、構造設計者との違い、本、アトリエ構造設計事務所との関係