建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 微小変形理論とは?1分でわかる意味(定義)と解析、微小なひずみ、応力計算の考え方は?

微小変形理論とは?1分でわかる意味(定義)と解析、微小なひずみ、応力計算の考え方は?

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


微小変形理論(びしょうへんけいりろん)とは、部材に生じる変形が微小の場合、微小変形の影響は軽微のため、変形を無視して応力解析など行うことです。つまり、部材を剛体(全く変形しない物体)として扱います。建築物に用いる構造部材は、一般に荷重に対する変形が微小のため、微小変形理論を適用して解析を行います。今回は、微小変形理論の意味(定義)と解析、微小ひずみ、応力計算の考え方について説明します。剛体、ひずみの求め方など下記も参考になります。

剛体ってなに?剛体の意味と、構造計算での扱い

デルタとは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力との関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

微小変形理論とは?(定義)と応力解析の考え方

微小変形理論とは、部材に生じる変形が微小の場合、微小変形の影響は軽微のため、変形を無視して応力解析などを行う理論です。


下図をみてください。梁に荷重が作用するとき、梁には微小な変形(たわみ)が生じたのち静止します(力がつりあう)。よって厳密には、梁の変形後の状態(梁の断面形状や長さが変わった状態)における力のつりあいなどを考える必要があります。


微小変形理論


しかし、通常これらの変形は部材寸法に比べて微小であり、影響はごく僅かとして無視します(微小変形理論)。つまり、梁の変形前の状態をもとに力のつりあい、ひずみと変位の関係などを考えます。なお、部材を全く変形しない物体(剛体)といいます。


部材に生じる微小な変形を無視(微小変形理論を適用)することで、解析を簡単に行えるメリットがあります。剛体の意味は下記が参考になります。

剛体ってなに?剛体の意味と、構造計算での扱い

微小変形理論と微小なひずみ

簡単な例をもとに、微小変形理論の考え方を学びましょう。下図に示す棒に引張り力Nが作用するときの変形をΔL、棒の変形前の長さをLとします。このとき、棒の変形量と棒の元(変形前)の長さLとの比率ΔL/Lを棒のひずみε(公称ひずみ)として定義します。


微小変形理論と微小なひずみ


一方で、棒の長さはΔLを考慮するとΔL+Lとなり、変形後の棒の長さを基準とするひずみε'はΔL/(ΔL+L)となります。このときΔLが微小ならば、下式のように変形前後でひずみの大きさは概ね等しいといえるでしょう。


ε=ΔL/L≒ΔL/(ΔL+L)


微小変形を無視したひずみ(公称ひずみ)は線形な式で表します。一方、下式のように変形を考慮したひずみ(対数ひずみ)は対数で表すため非線形の式となります。


ε'=ln(1+ε)


つまり、微小変形理論が適用できる場合、より簡単に力のつりあいや変形の問題が解けるのです。以上のような微小変形理論は、構造力学の問題を解くための大切な仮定の1つです。公称ひずみの詳細は下記をご覧ください。

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力との関係


また、真ひずみの求め方は下記が参考になります。

真ひずみ度とは?1分でわかる意味、公式の求め方、公称ひずみ度との違い

まとめ

今回は、微小変形理論の意味について説明しました。微小変形理論とは、部材に生じる微小な変形は無視して解析できる、という理論です。微小変形理論を適用することで、応力解析などが簡単に行えます。微小を意味する記号「デルタ」や公称ひずみなど下記も参考になります。

デルタとは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力との関係

真ひずみ度とは?1分でわかる意味、公式の求め方、公称ひずみ度との違い

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

1級・2級建築士試験(構造)の質問受付中

現在、3日間の無料お試しキャンペーン実施中。無料で質問してみよう。

友だち追加

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【有料メルマガの初回資料が今だけ無料!】1日約13円で情報をアップデート!

有料メルマガを無料で見てみませんか?⇒ 忙しい社会人、学生のためのビルディング・アップデート

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 微小変形理論とは?1分でわかる意味(定義)と解析、微小なひずみ、応力計算の考え方は?
  2. 1級の過去問(計算)解説
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集・図解集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事