建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 水理学の基礎 > 喫水とは?1分でわかる意味、水深との違い、読み方、求め方

喫水とは?1分でわかる意味、水深との違い、読み方、求め方

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


喫水(きっすい)とは、水面から浮体(水中に浮かぶ物体のこと)の底面までの距離です。なお浮体が水面に切られる面を浮揚面(ふようめん)といいます。喫水の値が分かれば、浮心(浮力の中心)を求めることも可能です(単純な形状の場合)。今回は喫水の意味、水深との違い、読み方、求め方について説明します。喫水の計算、浮揚面、浮体については下記が参考になります。

喫水の計算方法は?3分でわかる計算、意味、関係用語の読み方

浮揚面とは?【近日公開予定】

浮体とは?1分でわかる意味、安定性と原理、復元力

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

喫水とは?

喫水(きっすい)とは、水面から浮体(水中に浮かぶ物体のこと)の底面までの距離です。下図をみてください。これが喫水の距離です。


図 喫水


また、浮体が水面に切られている面を「浮揚面(ふようめん)」といいます。浮心は浮力の中心で、浮力=水中に浸かっている物体の体積×水の単位体積重量です。よって浮心=体積の中心とも言えます。


よって長方形断面の浮体は、喫水÷2で浮心が算定できます。喫水と浮心の関係は下記も参考になります。

喫水の計算方法は?3分でわかる計算、意味、関係用語の読み方

浮心とは?1分でわかる意味、求め方と定義、重心との違い

スポンサーリンク

喫水と水深の違い

水深は水面から底までの鉛直距離です。下図に水深と喫水を示しました。


図 喫水と水深の違い


水深は水面から浮体底面までの距離ですから、長さが違うと理解できますね。

喫水の読み方

喫水は「きっすい」と読みます。関係用語の読み方を下記に示します。


浮揚面 ⇒ ふようめん

浮体 ⇒ ふたい

浮心 ⇒ ふしん

浮力 ⇒ ふりょく

水深 ⇒ すいしん

喫水の求め方

水中で静止状態の浮体は、浮力=浮体の重さです。また浮力は体積に比例します。体積を求めるためには喫水が必要ですから、これらの関係を用いて喫水を逆算します。喫水の求め方は下記にまとめています。

喫水の計算方法は?3分でわかる計算、意味、関係用語の読み方

まとめ

今回は喫水について説明しました。意味が理解頂けたと思います。喫水は、水面から浮体の底面までの距離です。喫水の意味を理解し、関係用語も覚えましょうね。さらに喫水の計算方法(求め方)も理解しましょう。下記が参考になります。

喫水の計算方法は?3分でわかる計算、意味、関係用語の読み方

浮心とは?1分でわかる意味、求め方と定義、重心との違い

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 水理学の基礎 > 喫水とは?1分でわかる意味、水深との違い、読み方、求め方
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事