1. HOME > 数学の基礎 >角度の単位とdegは?1分でわかる意味、°、radとの関係、ラジアンの表
スポンサーリンク

角度の単位とdegは?1分でわかる意味、°、radとの関係、ラジアンの表

角度の単位は、「度(°)、deg」で表す「度数法」と、radで表す「弧度法」があります。degは角度の単位の1つです。度(°)と同じ意味です。例えば60deg=60度です。今回は、角度の単位とdegの意味、度(°)、radとの関係、ラジアンの表について説明します。弧度法、ラジアンの意味は下記が参考になります。

弧度法とは?1分でわかる意味と考え方、読み方、定義、公式、変換

ラジアンから角度への変換は?1分でわかる求め方、式、計算ツール

角度の単位とdegは?

角度の単位を下記に示します。


度(°)

deg

rad


度(°)は馴染みのある単位ですね。90度(90°)のように表します。またdegという単位がありますが、度(°)と同じ意味です。よって90deg=90度です。degは英語のdegree(度)を省略した用語です。度(°)、degで角度の単位を表す方法を「度数法」といいます。


radはradianを省略した用語です。radian(ラジアン)は角度の単位で、1radian=57.3°を意味します。これは、扇形の半径rと扇形の円弧長さrが等しい時の、長さの比率から求められます。αを弧度(radian)です。


弧度


r:2πr=α:360

r×360=2πrα

α=360r/2πr=180/π=57.3(※π=3.14)


ラジアンを使う理由、弧度、弧度法の詳細は下記が参考になります。

弧度とは?1分でわかる意味、読み方、ラジアン、角度との関係

弧度法とは?1分でわかる意味と考え方、読み方、定義、公式、変換

スポンサーリンク

角度の単位、deg、°、radとの関係

角度の単位とdeg、度(°)、radとの関係を下記に示します。


57.3度(°)=1rad

57.3deg=1rad


です。下記も参考になります。

弧度法とは?1分でわかる意味と考え方、読み方、定義、公式、変換

弧度とは?1分でわかる意味、読み方、ラジアン、角度との関係

角度の単位とラジアンの表

前述したように、角度の単位は度数法、弧度法で表します。度数法で表す単位の方が身近ですが、弧度法の単位は計算する上で、使い勝手が良いです。下表に、角度の単位とラジアンの対応を示しました。


角度の単位とラジアンの表


radとdegの関係を理解しましょうね。

まとめ

今回は、角度の単位とdegの意味について説明しました。degは英語のdegreeを省略した用語で角度の単位です。度(°)と同じ意味です。例えば、60度(°)=60degです。radianとの関係も覚えましょう。下記が参考になります。

弧度法とは?1分でわかる意味と考え方、読み方、定義、公式、変換

弧度とは?1分でわかる意味、読み方、ラジアン、角度との関係

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 数学の基礎 >角度の単位とdegは?1分でわかる意味、°、radとの関係、ラジアンの表
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事