1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > スパイラル筋とは?1分でわかる意味、重ね継手の長さ、柱との関係

スパイラル筋とは?1分でわかる意味、重ね継手の長さ、柱との関係

スパイラル筋とは、らせん状に巻いたフープ(帯筋)のことです。普通、帯筋は主筋に1周巻き付けて135°フックを付けます。これと同等の方法として、スパイラル筋や閉鎖型の帯筋があります。今回は、スパイラル筋の意味、重ね継手の長さ、柱との関係について説明します。※帯筋の意味は、下記の記事が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

スパイラル筋とは?

スパイラル筋とは、らせん状に巻いた鉄筋のことです。下図を見てください。主筋に対して、らせん状に鉄筋を巻いています。スパイラル筋は、帯筋の1つです。柱のせん断耐力を高めることが可能です。

スパイラル筋

普通、帯筋は主筋の周りを1周巻き付けて135°フックを付けます。一方、スパイラル筋は1本の鉄筋をらせん状に巻き付けます。通常の帯筋よりも、一体性が高く拘束力があります。


また、割れ防止筋としてスパイラル筋を使うことがあります(耐震補強工事など)。


スパイラル筋は、角柱、丸柱の両方に採用できます。

スパイラル筋と柱の関係

スパイラル筋は、主に帯筋(フープ)の1つです。あばら筋の利用は少ないです。帯筋は、柱のせん断補強筋です。帯筋の意味は、下記の記事が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

スパイラル筋の重ね継手の長さ

スパイラル筋の重ね継手の長さは、


50d以上300mm以上(dは鉄筋径)

です。

スパイラル筋の末端部のフック長さ

スパイラル筋の末端部のフック長さは下記です。


135°フック ⇒ 6d以上(dは鉄筋径)

90°フック ⇒ 12d以上

まとめ

今回はスパイラル筋について説明しました。意味が理解頂けたと思います。スパイラル筋は、らせん状に巻いた鉄筋のことです。帯筋の1つだと考えてください。通常、帯筋は主筋に鉄筋を1周巻き付け、所定のピッチごとに設置します。スパイラル筋は、1本の鉄筋をらせん状に巻くので、一体性があります。拘束力は、通常の帯筋より高いです。帯筋の意味も併せて理解しましょう。下記の記事が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

せん断補強筋とは?1分でわかる意味、役割、種類、フック形状、配置


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > スパイラル筋とは?1分でわかる意味、重ね継手の長さ、柱との関係