1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 意匠設計とは?1分でわかる意味、仕事内容、構造設計との関係、年収の調べ方

意匠設計とは?1分でわかる意味、仕事内容、構造設計との関係、年収の調べ方

意匠設計は、建築物のコンセプト、デザイン(外観や内観)、動線、部屋のプランなど、建築設計の中心的な設計業務を行います。今回は意匠設計の意味、仕事内容、構造設計との関係、年収の調べ方について説明します。


建築設計の意味、構造設計の仕事内容は、下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

構造設計は、どんな仕事なの?

意匠設計とは?

意匠設計とは、建築設計の中心的な役割を担う仕事です。意匠設計では、


建築物のコンセプト

建築物の外観、内観の計画

動線の計画

部屋の配置計画


を行います。構造設計や設備設計は、意匠設計の計画を元に行います。よって、意匠設計が、全ての設計の元です。


また、「意匠」だけに留まらず、構造、設備との調整役にもなります。当然、構造と設備の知識も必要です。


建築設計は、


意匠設計

構造設計

設備設計


がありますが、上記のリーダー的存在なのが、意匠設計者と考えてください。※建築設計の意味は、下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

意匠設計の仕事内容

意匠設計の仕事内容を下記に整理しました。


平面、立面の計画(プランニング)

意匠図の作成

書類・資料作成

各分野との調整

打ち合わせなど


まず、「どのような建築物にするのか」考え、計画するのが、意匠設計の仕事です。お客さんからの要望を受け取り、話し合いながら、計画を進めます。ある程度、要望がまとまり、計画の方針(コンセプト)が決まると、図面に描きます。


※なお、コンセプトや建物の平面計画など、詳細な設計の前に行う設計業務を、基本設計といいます。基本設計、実施設計の意味は、下記の記事が参考になります。

建築の基本設計とは?1分でわかる意味、構造、実施設計との違い、成果物

実施設計とは?1分でわかる意味、基本設計との違い、比率、詳細設計


その他、書類作成や各分野との調整、打ち合わせなど、仕事内容は多岐にわたります。構造設計や設備設計は、ある程度専門的な仕事だけをすればよいです。意匠設計者は、幅広い知識が求められます。

意匠設計と構造設計の関係

構造設計は、柱や梁などの構造部材の配置や断面を決める仕事です。意匠設計者は、平面図を書くとき、柱の大きさは、これまでの経験や「このくらいの大きさにしたい」という思いで線を引いています。


その平面図に対して、構造設計者が「ここに柱不要」または「ここに柱は必要」、「柱が細い、太い」など決めていきます。


設計を進める中で、相互にコミュニケーションをとり、設計図を完成へと近づけていきます。これは意匠設計と構造設計の関係に限らず、設備設計でも同じことです。


良い建築物は、必ず意匠設計と構造設計が見事に調和しています。

意匠設計の年収の調べ方

前述したとおり、意匠設計はやりがいがあり、クリエイティブな仕事です。一方で、年収が心配という方も多いでしょう。確かに、設計は「評価が難しい」仕事です。仕事を頑張っても適切に評価されないケースも多いです。


そこで、自分の能力に見合った「年収はいくらか?」知る必要があります。その方法も1つが、MIDASによる年収診断です。MIDASは、転職サイトのdodaを運営するインテリジェンスによるサービスです。


簡単なアンケートに答えるだけで、自身の適正年収が分かります。もちろん、登録無料で、登録時間は1〜3分程度で済みます。やっておいて損は無いので、是非、MIDASを使って年収診断をしてはいかがでしょうか。下記の公式HPからどうぞ

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

まとめ

今回は意匠設計について紹介しました。意味が理解頂けたと思います。意匠設計は、建築設計の中でも、中心的な役割を持ちます。意匠設計者は、プロジェクトを取りまとめるリーダーです。意匠設計の仕事内容、役割を覚えてくださいね。


また、年収が気になる方は、是非、年収診断サービスのMIDASをご利用ください!

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 意匠設計とは?1分でわかる意味、仕事内容、構造設計との関係、年収の調べ方