1. HOME > 構造計算の基礎 > 実施設計とは?1分でわかる意味、基本設計との違い、比率、詳細設計との違い

実施設計とは?1分でわかる意味、基本設計との違い、比率、詳細設計との違い

実施設計は、基本設計の後に行う「詳細な設計」のことです。基本設計では、建築物のコンセプト(方針)を決めます。ここでは詳しい図面は描かず、描きこみなど省略した平面図などをつくります。今回は実施設計の意味、基本設計との違い、比率、詳細設計との違いについて説明します。※建築設計、建築図面との関係は、下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

実施設計とは?

実施設計は、基本設計の後に行う詳細な設計です。施工者が、工事を行うために必要な図面と考えてください。


基本設計では、建築物のコンセプトや大まかな方針を決めます。この段階では、詳しい図面は描きません。大まかな平面図や、建物のイメージ、必要とする建築物の性能を明示します。その後、実施設計を行います。基本設計で設定したコンセプトを、「具体化」する図面を描きます。これを「実施図面」といいます。実施設計では、「建築物を実際につくる」ことをイメージし、細かな情報まで盛り込みます。


構造設計でいえば、部材同士の接合方法、配筋の納まりなど、大きなスケールで図面を描きます。※構造図の種類は下記の記事が参考になります。

構造図とは?1分でわかる意味、種類、見方、符号

実施設計の読み方

実施設計は、「じっしせっけい」と読みます。基本設計は「きほんせっけい」です。関係する用語の読み方は下記です。


実施図面 ⇒ じっしずめん

基本図面 ⇒ きほんずめん

実施設計と基本設計との違い

実施設計と基本設計の違いを、下記に整理しました。


実施設計 ⇒ 建築物をつくるために、必要な図面のこと

基本設計 ⇒ 建築物のおおまかな方針、コンセプトを設定する。図面は省略した平面図などを描く程度。設計者とお客さんがイメージを共有するための設計。色々な比較検討も行う。

実施設計と基本設計の比率

実施設計と基本設計の比率は、「時と場合」により様々ですが、一般的には基本設計の比率が少ない建物が多いです。基本設計2〜4割、実施設計6〜8割程度です。


世の中には、「必要な機能を満たし、とにかく安く、早く建てたい」という要望があります。そのような建築物に対して、じっくり基本設計を行うことは無いです。極端な例をいうと、基本設計をほとんど行わず実施設計に進む例もあります。


一方で、国家プロジェクトなど、基本設計を数年に渡り行う物件もあります。ただし、大規模プロジェクトは、実施設計の割合も大きいです。基本設計の比率が多くても、は半々(50%:50%)程度かと思います。

実施設計と詳細設計との違い

実施設計と詳細設計は、同じ意味と考えてください。ただし、建築設計の実務では「実施設計」ということが多いです。

まとめ

今回は実施設計について説明しました。意味が理解頂けたと思います。実施設計は、詳細な設計図を描くことです。構造図でいえば、部材同士の細かな納まりまで描きます。建物を実際につくることを考えて図面を描きましょう。下記の記事も併せて参考にしてください。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 実施設計とは?1分でわかる意味、基本設計との違い、比率、詳細設計との違い